« 中学受験勉強を始める前に | トップページ | 白陵中学・高等学校について »

2013年7月 8日 (月)

日能研と浜学園

 姫路市在住で難関校の中学受験となると、実績でいえば塾は日能研と浜学園になります。これから中学受験を始める上で、どちらに子供を入塾させるか迷っておられる方も多いと思いますが、総合的に見れば浜学園の方が良いと思います。まず、浜学園の方が圧倒的に解説が詳しいです。特に浜学園の算数の解説は図表がしっかりと使われており、子供が容易に視覚的に解法をイメージできるようになっています。対して日能研の解説は非常に薄いです。また、カリキュラムも浜学園の方が優れている印象です。カリキュラムは浜学園の方がハードです。一番下のクラスでもかなりハードです。しかし下のクラスでも本人の努力次第ではそれなりに実績のある中学に合格できます。対して、日能研は下のクラスだと学力的に行ける中学がほとんどありません。以上の理由から、個人的には浜学園の方をお勧めします。ただ、日能研は最大手だけあって問題のカバー率が非常に高く、どのレベルの問題も取りこぼしがありません。自分で解説を読んで理解できるのであれば、どんな難関校でも全く問題ないと思います。

 もっとも、四谷大塚の『予習シリーズ』や学研の『合格自在』などの優れたテキストが登場したことで、これらの教材を使用して実績をあげている塾が出てくるようになりました。子供を塾に通わせず、親が『予習シリーズ』や『合格自在』を使用して子供に教えているご家庭も多いそうです。塾業界は競争が厳しくなるでしょうが、子どもにとっては選択肢が増えて良いと思います。子供にどの塾が合うかは子供にしかわかりませんし、結局最後は講師の質に左右されるところが多いです(塾では講師の入れ替わりが激しいです。引き抜きなんてざらです。これは、塾業界の労働条件が極めてブラックだからです。)。塾を選ぶ際には、なるべく多く体験授業を試してみることをお勧めします。

« 中学受験勉強を始める前に | トップページ | 白陵中学・高等学校について »

中学受験」カテゴリの記事