« 白陵中学・高等学校について | トップページ | 姫路西高等学校について »

2013年7月20日 (土)

淳心学院中学・高等学校について

 私が小学生の頃は「淳心=エリート集団」という印象で、受験生も「淳心が本命、白陵・岡白は滑り止め」というのが共通の認識でしたが、今や立場は逆転してしまいました。家庭教師の依頼もほとんどは「淳心は滑り止め」で、「本命が淳心」という生徒は稀です。失礼なことを書きましたが、私の知る限り、淳心の教育の質は昔から現在に至るまで非常に高いものです。淳心の優れているところは基本を重視しているところです。進学校に多いパターンとしては、基本は生徒に任せて、応用的な部分を授業で集中的にこなすというものですが、淳心はそういう手を抜きがちでかつ軽視しがちな基本をしっかりと固めてくれます。ちなみに、私が中・高でお世話になった塾(高橋志学塾)の塾長も淳心出身でしたが、暗記系の重視と要点をついた淳心スタイルの授業は私にはかなり合いました。

 以前、ある兄弟を教えていました。上(以下A)が岡白で下(以下B)が淳心ですが、Aが中2の時に受けたZ会の模試の問題を中2のBに解かせたところ(国、数、英3教科300点満点)、Bの方が100点以上点数が高かったです。Aは岡白で難問ばかりの大量の宿題に振り回される日々が続いており、また片道1時間の電車通学のせいで勉強時間が確保できないというデメリットも相まって、基本が全く身についていませんでした。それに対しBは、難問は間違えていましたが、基本が固まっていたため基本問題の取りこぼしがほとんどありませんでした。淳心まで自転車で10分で通学できる距離なので、タイムロスも疲労蓄積もありません。偏差値が高いからと言って一概に良いとは言えない例の典型です。

 淳心の校風は、一言で言えば自由です。自由というと聞こえはいいですが、自由には責任を伴います。以下、白陵と比べた場合、まず宿題の量はそれほど多くはありません。余った時間を復習に費やす生徒は成績が伸び、そのままにする生徒は落ちこぼれます。そこは生徒の自己責任です。また、定期テストの回数も比較的少ないため、「テストがあるから勉強する」という強制の契機が少なくなります。テストの問題は比較的簡単ですが、「絶対に抑えていないといけない」そういう問題を精選して出題している印象です。奇をてらったような変な問題はほとんど見かけません。あと、Z会等の模試の回数も少ないので、全国レベルでの自分の現状を把握しにくいです。スポーツにもあまり力を入れていません。私の知る限り、「部活は事実上自由参加」というのがほとんどです。良くも悪くも自主性を尊重している印象です。ただ、生徒は自分の意思で自由に時間を使っているので、生徒の学校に対する不満を耳にしたことはほとんどありません。

 淳心もここ数年の大学進学実績の低迷を受け、さすがに危機感を覚えたらしく、現在テコ入れをしている最中だそうです。以前に比べ宿題の量が増え、宿題やテストの問題が難しくなってきています。白陵のカリキュラムに近づいた印象です。個人的には以前のようなカリキュラムの方がいい気がしますが、これは今後の動向を見守らないと何とも言えません。

« 白陵中学・高等学校について | トップページ | 姫路西高等学校について »

中学受験」カテゴリの記事