« 必要のない学校の授業は受けなくてよい | トップページ | これからは女性の時代 »

2013年11月22日 (金)

高校受験の先を見据えて勉強しよう

 例えば歴史の問題で「645年に何が起きたか?」と問われると、大多数の生徒は「大化の改新」と答えることができます。でも、「645年に起きた大化の改新を説明せよ」と問われると、答えられる生徒数は激減し、答えられた生徒にも「じゃあ何でこんなことが起こったの?」と質問すると答えられる生徒数はさらに減ります。学校のテストで「大化の改新を説明せよ」とストレートに問われることはほとんどありませんので、テストでいい点を取る、ひいては公立高校受験に受かるためにはこのような問題を解く必要はありません。塾のテキストなどで「645年・・・(        )が起きる。」など、日本語のないスッカスカの問題がよく載っていますが、これもそれだけ覚えておけばテストや高校入試の問題を解けるからです。塾のこのようなやり方はある意味合理的といえます。「これさえやっておけば大丈夫!」を謳い文句に、必要最小限の事だけを生徒にさせ、反復回数を増やすことで知識の定着化を図るという方法を否定はしません。高校入試までは。

 しかし、こういう要領だけつかんだ勉強法で進学校に受かった生徒は、高校で苦労する羽目になります。とりわけ現代文で苦労します。「645年=大化の改新」などのように単語だけで覚えた生徒は、ほぼ例外なく文章力が欠如しています。「645年」「中大兄皇子」「中臣鎌足」「蘇我入鹿」など、覚えておくべき知識は覚えているのですが、それをうまく組み合わせて表現できないのです。そして、以前に西高の記事でも書きましたが、高校の教師はそういう「文章の組み立てができる」という前提で授業を進め、テストを作成します。なので、中学から文章力をつける練習をしていない生徒はかなり苦労します。文章力というのは、将来どの分野に進むにしても、長い人生を生きていくうえで最も必要な能力です。本来はもっと低学年から鍛えていかねばならない能力なのですが、高校受験ではそれは必要とされていないのが現状です。

 では、文章力をつけるにはどうすればいいかというと、それはインプットとアウトプットどちらもこなさねばなりません。インプットに必要なのは、教科書をきちんと読むことです。必要なことはすべて教科書に載っています。先ほどの「大化の改新」であれば、「645年、中大兄皇子と中臣鎌足らが中央集権化を目指し、蘇我氏を倒して始めた政治改革~」みたいなことがきちんと載っています。誤解のないように先に申しておけば、教科書を読み込んだからといってテストで点数が取れるわけではありません。点数を取るためには問題集と併用した方が良いのは間違いないです。ただ、上記のようなスッカスカの問題集だけで丸暗記だけをさせられても面白くもなんともなので、やる気を維持するのは難しいでしょう。あくまで教科書での理解を前提にして、そのうえで知識の定着のために問題集を使用すべきです。教科書で「中央集権化」という聞きなれない単語が出てくると、それを調べ、「じゃあ何のために集権化する必要があったんだ?」と疑問を持てば、「当時の中国(唐)の脅威に対抗するため国を一つにまとめる必要があった」ということが分かってきます。調べれば調べるほど興味がわいてきますし、その分知識も増えてきます。興味を持って覚えたことはそうそう忘れません。そうやって得た知識を「実際、覚えているか」確認するために、問題集を解くのです。そして問題集はあくまで過去に出題された問題を取り上げて書籍化したものです。なので、教科書の内容を全てカバーしているわけではありません。問題集至上主義に陥ってしまった場合、問題集に出ていない問題が出題されると解けません。そのためにも、教科書を読まなければいけないのです。私の自作プリントも基本的に教科書から作成しております。また、教科書の文章には、高校の現代文でもそのまま使える単語や表現がたくさん載っています。教科書の表現を参考にすると、上手く表現できるようになります。「テストには出ない」と気にも留めない部分にこそ、実は大いなる価値があるのです。教科書に削る場所はありません。中学生に分かりやすいように削って削って削りまくった結果が教科書なのです。

 そしてインプット以上に大事なのがアウトプットです。インプットした知識を自分の言葉で再構成して表現することです。勉強の知識に限らず、覚えたことは何でも他人に説明することでアウトプット能力を高めることができます。私も授業中に必ず生徒に「~ってどういう意味?」と聞くようにします。たいていの生徒は頭でなんとなく分かっていても、いざ言葉に出そうとするとなかなか出てこないです。些細なことでも、自分の頭で考えることによって自然と文章力が身につくようになります。

« 必要のない学校の授業は受けなくてよい | トップページ | これからは女性の時代 »

勉強法」カテゴリの記事