« 義務教育について | トップページ | やる気や集中力は環境から »

2014年3月16日 (日)

これからは女性の時代

 今日保護者の方からお聞きしたのですが、今や西高・東高・市姫、全て女子が過半数を超えたそうです。また、これは別の保護者の方からお聞きした話ですが、某大病院は研修医の採用を大学での成績で決めているそうなのですが、女性の方が圧倒的に成績が良いため、研修医の過半数が女性だそうです。私の今までの経験から申しても、やはり女子の方が成績が良いです。それは、基本的に女子の方が真面目だからです。もちろん、中には真面目な男子もいれば不真面目な女子もいましたが、割合で言えば、真面目な男子の割合と真面目な女子の割合では比較になりません。現在、女性の弁護士や女医の数が急激に増加していますが、あと10年もたたないうちに女性が過半数を占めるようになるでしょう。テクノロジーの発達で人間の仕事がコンピューターにどんどんとって替わられている現状で、ただでさえコミュニケーション能力が乏しいうえに、学力まで低い男性は、仕事に就くこともできず、経済力のある女性からも相手にされません。これからは男が余ります。その点、草食系の男子や主夫の方々は、ある意味、時代を先読みしていると言えます。

 基本的に女性は様々なことに興味をもって、新しいことにどんどんチャレンジする傾向にあります。その根底には、女性には何事も楽しめる能力があるように思います。勉強が好きでなくても、「どうせやるなら楽しくやろう」と考えられるのが女子です。成績の良い女子は、遠い目標ではなく、目の前の勉強を楽しむ、その積み重ねで成功している印象です。生徒会活動でもボランティアでも、興味があればどんどん行動します。女性は基本的に「損得」で行動しないと言えます。対して男性は、どちらかというと合理的です。男性は結果から逆算して最も効率の良い方法で結果を導き出そうとします。要は損得勘定が上手なのです。得にならないことは一切しません。そして機械的にルーティーンをこなします。それができる人は最短距離で結果が出せるため優秀ですが、たいていの男子は気持ちがついてこれず、すぐに諦めてしまいます。そういう男子は女子に学ぶ必要があります。

 真面目な女子の成績を上げるのは比較的容易です。真面目なのに成績が悪い女子は、要領が悪いだけなので、教える側がきちんと戦略を立てればいいだけです。比較的多いのが、進学校に進んだのはいいものの、学校から出された大量の課題をこなすのに精いっぱいで、それで終わってしまうというケースです。そういう女子が共通して言うことは、「あれだけ頑張ったのに!」です。宿題をこなしても復習しないと定着しないのですが、大量の宿題のため、復習になかなか手が回せません。そういう場合、その生徒にとって不要なことを削り、必要なことだけを徹底して反復することが必要になってきます。

« 義務教育について | トップページ | やる気や集中力は環境から »

その他」カテゴリの記事