« 合格体験記の落とし穴 | トップページ | 難関私立の落とし穴 »

2014年6月30日 (月)

過去問、問題集と教科書

 (2016年6月修正)受験において過去問は必須アイテムと言えます。過去問を解くことでその学校の問題のレベルが把握でき、自分の現状及び今後自分がどのような方向性で勉強していくかを認識することができます。過去問はあくまで「そういう意味」で必須なのであって、学力を上げるためのツールではありません。その過去問の実用性を認識せず、漠然と過去問を利用していも効果はありません。過去問を何周もこなしていけば合格レベルに達することができると考えている人、中には時間短縮のため、過去問をインプットの道具に利用している人さえいますが、過去問に出てきていない問題が出題されたとき、過去問しかやっていない人は対応できません。

 そしてこれは過去問に限らず、問題集についても同じことが言えます。問題集は手っ取り早く知識を得るためには最も効率の良いツールですが、問題集は今までの出題頻度の高かった問題を体系的にまとめたものに過ぎません。過去問と同様、問題集に出てきていない問題が出題された場合、問題集しかやっていない人はやはり対応できません。

 勉強の本質は教科書です。公立中学の場合、最近はどの科目もよく「~の理由を答えよ」という問題が出題されるようになりました。例えば「鎌倉幕府が滅んだ理由を答えよ」というような問題です。答えは「元寇で戦った御家人たちに対して幕府が十分な恩賞を与えず、御家人たちの幕府に対する不満が高まったから。」なのですが、問題集ばかりやっている生徒は、「元寇」などの単語は覚えていても、こういう文章化する問題になるととたんに答えられなくなります。問題集がクイズ形式になっているからです。教科書を読んでいる生徒は、流れが理解できているため、こういう問題にも余裕で対処できます。

 どの科目も、今後はこういう理由を問う問題がどんどん増えてくると思われます。「冬の季節風はどちらの方角から吹く?」「北西!」と答えられても、なぜ冬の季節風が北西の方角から吹くのか理由が答えられない、「鎌倉幕府をつくったのは?」「源頼朝!」と答えられても、頼朝が幕府をつくった理由を答えられない、これでは何の意味もありません。いずれも、教科書を読んでいれば容易に答えられます。知識だけなら、コンピューターがあれば十分です。教育機関も「こんなんじゃ、何の意味もないな」と気づき始め、単純なクイズ形式の問題は今後ますます減少し、勉強の本質を問われる問題が増えていくことでしょう。そういう意味では、今後は教科書の重要性はますます高まっていくことでしょう。

« 合格体験記の落とし穴 | トップページ | 難関私立の落とし穴 »

勉強法」カテゴリの記事

無料ブログはココログ