« 2014年6月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年10月

2014年10月24日 (金)

「頭がいい」という勘違い

 いわゆる「頭のいい子」は確かにいます。言ったことをすぐに理解できる人です。進学校にいる生徒はたいてい「頭のいい子」です。勉強において頭がいい人は有利です(特に理系科目で)。他の人が時間をかけて理解しなければならないところを短時間で済ますことができるのですから。ただ、そういう頭のいい人が学校で上位にいるかと言えば、必ずしもそうではありません。「頭がいい」というのは、あくまで理解力があるにすぎません。理解力があっても理解したことを復習しなければ点数は取れませんし、暗記ごとをさぼっていても点数は取れません。復習をしたり暗記をしたりするのは「しんどい」ことです。どれだけ頭が良くてもそういうことから逃げている限りは成績は上がりません。しかし「頭のいい」人は中途半端に「頭がいい」せいで、自分の能力を過信しています。一度説明した問題を復習しようとすると「自分でできますから」と言い、「そんなことより、まずは宿題をしないといけない」と次に進もうとします。英単語のテストをしようとすると、「覚えるだけですから自分でできますよ」と言ってしません。ところがいざテストを受けてみると、同じ問題を間違えていたり単語を覚えていなかったりします。結局、彼らは自分で「やっておきますよ」と言っておきながら、やっていなかったのです。しんどいから。

 要するに、勉強において「頭がいい」ということに大した価値はないということです。「頭がいい」ことよりも「真面目」であることの方がはるかに価値があります。べたですが、ウサギとカメがそのいい例です。真面目な子は人の言うことを素直に聞きますし、自分の力を過信していません。なので確実に前に進みます。どんな分野でも真面目な人が最後は勝つのです。

2014年10月11日 (土)

難関私立の落とし穴

 中高一貫の難関私立校に入学し、そのカリキュラムに従って有名大学に進学できる人もいれば、全くカリキュラムについていけず、浪人してやっと中堅レベルの大学に行く人もいます。後者のような落ちこぼれの生徒ですが、全く課題をしないような不真面目な人は論外として、学校から出された課題は一応はこなし、テスト前にもそれなりに勉強しているにもかかわらず、成績がいまいちな人もいます。あの難関試験を突破した天才たちがなぜこんなことになるのか?私立には落とし穴があります。その辺りをしっかりと認識しておかねばなりません。

①カリキュラムが早すぎる&課題が多すぎる…私立は公立よりもかなり速いスピードでカリキュラムが進められます。高校の単元だと上位公立高校とそれほどスピードは変わりませんが、中学時代は公立中学よりも難しい内容を、公立の2倍近い速度でカリキュラムが進められます。それに伴い、学校から大量の課題が課されるため、結果、復習にかける時間が少なくなり、理解が不十分なまま次の単元に進む羽目になります。理解を不十分にしたところに戻って固めようにも、カリキュラムが先にどんどん進んでしまうため、また、大量の宿題に時間がとられるため、戻れません。こうしてドツボにはまっていきます。

②基本を軽視している…これは全ての私立に当てはまることではありませんが、学校によっては有名大学に合格させるという意識が強いためか、授業では基礎や基本にあまり力を入れず、大量の宿題で基礎と基本を固めさせ、授業では演習をメインにしているところもあります。私の下に依頼に来る、成績の芳しくない私立の生徒は、驚くほど基本が理解できていません。そういう生徒に基本を説明してみると、真綿が水を吸うように吸収してくれます。自分で教科書を読んでどんどん勉強をするような子供は別として、実際には基本から教えて欲しいという生徒の方が多い印象です。

③運動時間が少なすぎる…ほとんどの私立はスポーツがあまり盛んではなく、「勉強の妨げにならない範囲で」短時間しか部活動をさせません。これは極めて愚かしいことです。本来、人間は勉強だけをするように造られていません。運動をしなければ体力はつきませんし、ストレスも発散できませんし、集中力もつきません。勉強だけをしていると必ずおかしくなります。成績を上げさせたければもっともっと運動をさせるべきです。

④社会と理科を軽視している・・・「五教科平等」の公立とは異なり、私立では国語・数学・英語を主要三教科として扱っています(個人的には「そもそも英語って主要か?」と思います。英語は実用性が高い反面、ただのコミュニケーションツールにすぎません。学問としては本質的ではないという印象です)。たとえ学校側に社会と理科を軽視する意図はなくとも、カリキュラム自体が主要三教科を重視している結果、生徒達に社会と理科を主要三教科より下に見る意識を芽生えさせてしまいます。私立の生徒の社会・理科に対する意識は、公立の生徒の副教科(保健、技術・家庭、美術、音楽)に対する意識に近いものがあります。「社会と理科は後で何とかなる、とりあえず主要三教科を」などと思っていたらとんでもない大間違いです。「社会なんて覚えるだけ」そう言って、結局最後まで覚えられないままの生徒は少なくありません。

 以上述べたことはあくまで相対的なものであり、成績の良い人にはまったく当てはまらないことばかりでしょう。対して成績の悪い人は、自己分析をしっかりしなければなりません。今やるべきことを絞り、たとえそれが学校のカリキュラムに合っていなくとも、それを優先させるべきです。いろいろと試してみて、それでもついていけないようであれば、その学校に合わなかったのです。自分のレベルにあった学校に転校するべきです。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年12月 »