« 難関私立の落とし穴 | トップページ | まとめて勉強することの愚 »

2014年10月24日 (金)

「頭がいい」という勘違い

 いわゆる「頭のいい子」は確かにいます。言ったことをすぐに理解できる人です。進学校にいる生徒はたいてい「頭のいい子」です。勉強において頭がいい人は有利です(特に理系科目で)。他の人が時間をかけて理解しなければならないところを短時間で済ますことができるのですから。ただ、そういう頭のいい人が学校で上位にいるかと言えば、必ずしもそうではありません。「頭がいい」というのは、あくまで理解力があるにすぎません。理解力があっても理解したことを復習しなければ点数は取れませんし、暗記ごとをさぼっていても点数は取れません。復習をしたり暗記をしたりするのは「しんどい」ことです。どれだけ頭が良くてもそういうことから逃げている限りは成績は上がりません。しかし「頭のいい」人は中途半端に「頭がいい」せいで、自分の能力を過信しています。一度説明した問題を復習しようとすると「自分でできますから」と言い、「そんなことより、まずは宿題をしないといけない」と次に進もうとします。英単語のテストをしようとすると、「覚えるだけですから自分でできますよ」と言ってしません。ところがいざテストを受けてみると、同じ問題を間違えていたり単語を覚えていなかったりします。結局、彼らは自分で「やっておきますよ」と言っておきながら、やっていなかったのです。しんどいから。

 要するに、勉強において「頭がいい」ということに大した価値はないということです。「頭がいい」ことよりも「真面目」であることの方がはるかに価値があります。べたですが、ウサギとカメがそのいい例です。真面目な子は人の言うことを素直に聞きますし、自分の力を過信していません。なので確実に前に進みます。どんな分野でも真面目な人が最後は勝つのです。

« 難関私立の落とし穴 | トップページ | まとめて勉強することの愚 »

勉強法」カテゴリの記事