« センター試験廃止に思うこと | トップページ | 英単語の重要性 »

2015年1月15日 (木)

コミットメントの重要性

 基本的に人間は義務感では行動しません。震災の惨状を見て、自発的にボランティアに行く学生も、学校から「ボランティアに行け」と命令されたら行かないでしょう。漫画『ワンピース』が好きな人でも、「~日までに『ワンピース』全巻読んで感想文を書け。君の大好きな『ワンピース』だから楽勝だろ?」と言われたら途端に読む気を失くすでしょう。勉強も例外ではありません。子供に勉強をさせるには、子供自身にコミットメントさせる必要があります(詳しくはチャルディーニの『影響力の武器』に)。親が子供のために問題集を買ってきても子供しませんが、子供は自分で買ってきた問題集はします。自分のお小遣いで問題集を買った場合は尚更です。親に塾に行かされた子供はあまり成績が上がりませんが、自分から「塾に行きたい」と言って塾に通った子供は成績が上がります。

 結局、私の仕事も、如何に子供のやる気が出るように上手く誘導するかがメインになります。解説のわかりやすさだけでは決して成績は上がりません。私の仕事はホストに近いです。基本的には子どもを褒めまくり、いい気分にさせてその気にさせ、少しでも成績が上がればさらに褒める。そうすると子供も「もっと勉強したらもっと成績が上がるんじゃない?よーし、やってやろう!」とやる気が生まれてきます。高すぎる目標を「与えられた」子供は、現実との齟齬に苦しみ、自己嫌悪に陥ったり、あるいは勉強に疲れてやる気をなくしてしまう。あるいはやる気があっても、大量の、しかも本人にとっては必要性のない宿題や課題を「与えられた」子供は、次第に勉強に疲れ、徐々にやる気を失くして行き、最終的には本を開くのも嫌になる、そういうケースが非常に多いです。孔子の論語に「知之者 不如好之者 好之者 不如楽之者」という一説があります。「あることを理解している人は、それを好きな人にはかなわない。あることを好きな人は、それを楽しんでいる人にはかなわない。」という意味です。勉強は楽しまなければ長続きしません。まずは目の前の勉強に興味を持つこと、そういう方向に上手く誘導することが重要です。たとえ今やっていることがテストの点数に直結していなくても、まずは興味のある科目があり、それ「だけ」は楽しんで自発的にしているという状態であれば、それを優先的にさせなければなりません。無理やり興味のない勉強をやらせても、どうせしません(興味のない科目は私が教えます)。しかし興味のある科目をさせていればその科目だけ点数が上がる、そうするとなんとなく点数の取り方が分かってきて、他の科目の勉強の仕方も考えるようになります。また、好きな科目でも同じ事ばっかりしているとだんだん飽きてきます。すると自然と他の科目も勉強するようになります。こうやって子供自身にコミットメントさせ続けていくことが重要です。

« センター試験廃止に思うこと | トップページ | 英単語の重要性 »

勉強法」カテゴリの記事