« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月23日 (月)

集中力はアートで養え

 以下、中学の歴史の教科書に載っていることです。人類はかつては猿でした。しかし直立歩行できるようになった結果、前足、つまり手が余るようになりました。そこで猿は「この余った前足、どうしようっかなあ?」と考えました。考えるから脳が発達しました。そして手を使って石を投げたり削ったり、いろんなことを手で試しているちに、道具を発明しだしました。そして「次はどんな道具を作ろうかな?」とあれこれ考えるので、さらに脳が発達していきました。つまり、手を使うことは、頭を発達させるのです。私が今まで会った人で「ピアノは上手だけど頭は悪い」という人はあまりいません。楽器の演奏や絵を描くのが上手な人は割と勉強の成績もいいように思えます。よく、女性が男性の指をチェックしていることがあります。男性からすれば「なんで指?」と思うでしょうが、指は知性の象徴なのです。

 私は小学生時代は別に成績が良くありませんでしたが、自分で言うのもなんですが、「本気出せばいい点数とれるんじゃないか?」と思っていました。というのも、自分には周りの同級生たちと比べて明らかに集中力があったからです。小学生の頃はやたらとジャンプ漫画の絵を模写したりプラモデルを作ったりと、指を動かす遊びを長時間好きなだけしていました。低学年の頃は『キン肉マン』や『聖闘士星矢』が好きすぎて、しょっちゅう絵を模写をしていました。高学年になると『ドラゴンボール』や『ジョジョの奇妙な冒険』の模写をしていました。また、私が小学生の頃はガンダムのプラモデルが流行っていて、私も多分に漏れずせっせこ作っていました。しかし単純に組み立てるだけでは飽き足らず、隙間をパテで埋めたり塗装したりジオラマ造ったりして、どんどんディープにはまっていきました。自分で言うのもなんですが、結構な腕でした。模写にしてもプラモにしても、多いときは3時間くらい平気でぶっ通しでやっていました。今にして思うと、好きなことだから集中できたのでしょう。集中力自体は遊びの中でも養えます。その集中力を勉強に生かせばよいのです。本人にとって楽しくない勉強を無理やりさせるよりも、まずは子供に好きなことをさせて集中力をつけさせ、そこから勉強に入っていくのもいいのではないでしょうか?ちなみに、「天皇陛下の執刀医」で有名な天野篤さんも小さい頃はプラモばっか作っていて、そこで培われた器用さが今の手術の技術に役立っているとおっしゃていました(『熱く生きる』より)。

2015年11月17日 (火)

書いて覚える

 昔からよく言われている良い勉強法の一つが、書いて覚えるという勉強法です。私も中1の時の担任の先生から書いて覚えることを勧められて以降、なんとなく書いて覚えるということを続けてきました。高校に入学して壁にぶつかり、心が折れてやる気をなくし、それでもだんだんと大学入試が近づくにつれ「勉強しなければならない」という意識は強まるものの、いざやろうとするとやる気が出ないという日々が続いていました。そこで考えたのは、とにかく書くという方法でした。書いて覚えるのは目で追うよりもはるかに効率が悪いのは間違いないです。東大出身の方々は皆「読んで覚える」という方法を勧められますが(柴田孝之さんとか山口真由さんとか)、しかし私の場合、目で追うだけで勉強を続けられるだけの学力も精神力もありませんでした。私の場合、少なくとも書いている間は気持ちを切らさずにいられました。そして、書くことで、何となくやった気になりました。この「やった気」と言うのは単なる自己満足に過ぎず、実際は書いたからと言って全部が頭に入っていたわけではありませんが、今にして思えばこの満足感こそが重要だったんじゃないかと思います。少なくともこの満足感のおかげで「よし、明日もやろう」と思えました。結果的に希望の大学に現役で合格できたことから、この遠回りなやり方は決して間違ってなかったと思います。司法試験となると、書いて覚えるという方法は通じませんでしたが、少なくとも大学入試までなら、間違いなく有用な勉強法だと思います。

2015年11月 3日 (火)

やる気をもらえる漫画・アニメ

 以下、個人的にお勧めの「やる気をもらえる漫画・アニメ」です。勉強に行き詰まった人、ゲームやスマホいじりばかりして無気力に毎日を過ごしている人、そういう人たちに是非読んで(観て)ほしいです。何かのきっかけになってくれると思います。

・『キャプテン翼』 高橋陽一…サッカー漫画の金字塔です。この漫画のおかげでサッカー競技人口が激増しました。今にして思えば「ちょっとあり得ないだろ」と思える技がたくさん出てきますが、そんなことはどうでもいいくらい熱くて面白いです。ただ、面白いのは最初の「無印」編のみで、続編の「ワールドユース編」以降は全然面白くないです。「才能のないやつは努力するしかないんだ!!」(松山光)

・『スラムダンク』 井上雄彦…バスケットボール漫画の金字塔です。日本ではマイナースポーツだったバスケの競技人口が、この作品の影響で激増しました。登場人物の一人に三井寿という3Pシューターがいますが、この三井がやたらかっこいいのです。三井寿、中学時代は大会MVPに選ばれるほどの名選手でしたが、高校で挫折し、また怪我も重なってバスケ部を退部、不良になるもバスケへの情熱を忘れられず、バスケ部に戻ってきてチームのレギュラーとして大活躍します。割と三井に共感できる人は多いのではないでしょうか。はじめは情熱を持って努力するも挫折し、やる気ないふりして自分を誤魔化して、後悔したまま高校生活を送る、そういう人は少なからずいると思いますし、私も高校時代はそうでした。三井は恥もプライドも捨ててバスケ部に戻ってくるのですが、ほとんどの人は三井のようにしたくてもできず、後になって後悔している、そういう人が多いのではないでしょうか。何かに迷っているけど勇気が出せない人、そういう人には三井の生き方が参考になると思います。「あきらめたらそこで試合終了だよ」(安西先生)

・『あさひなぐ』 こざき亜衣…なぎなたの漫画です。個人的に今一番面白い漫画です。内面描写がとても素晴らしく、ごまかしが全くないのが凄いです。

・『BLUE GIANT』 石塚真一…世界一のサックスプレイヤーを目指す青年の話です。2017年に小学館漫画賞(一般向け部門)と、文化庁メディア芸術祭(マンガ部門)の大賞を受賞しました。「本気で生きる」とはこういうことだと教えてくれます。現在、続編の『BLUE GIANT SUPREME』が連載中です。

・『かくかくしかじか』 東村アキコ…ギャグマンガばっか描いている東村さんの自伝的な作品で、文化庁メディア芸術祭(マンガ部門)の大賞を受賞しました。東村さんの恩師とのエピソードを軸に、笑いあり涙ありの内容になっています。将来アート系に進みたい人に特にお勧めです。

・『響けユーフォニアム』 原作:武田綾乃、制作:京都アニメーション(サンテレビ)…京都にある高校の吹奏楽部が全国大会を目指して奮闘する姿を描いたアニメです。一見萌えアニメっぽいので敬遠される人も多いと思いますが、内容はスポ根です。

・『セッション』 アメリカ映画…世界最高峰の名門音楽学校で最高のドラマーを目指す青年の話です。

その他、『ヒカルの碁』(ほったゆみ・小畑健)、『ピアノの森』(一色まこと)もお勧めです。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

無料ブログはココログ