« 書いて覚える | トップページ | 自己紹介② »

2015年11月23日 (月)

集中力はアートで養え

 以下、中学の歴史の教科書に載っていることです。人類はかつては猿でした。しかし直立歩行できるようになった結果、前足、つまり手が余るようになりました。そこで猿は「この余った前足、どうしようっかなあ?」と考えました。考えるから脳が発達しました。手を使って殴ったり、石を投げたり、いろんなことを手で試し、そして脳が発達すると、今度は道具を発明しだしました。そして「どんな道具を作ろうかな?」とあれこれ考えるので、さらに脳が発達していきました。つまり、手を使うことは、頭を発達させるのです。確かに、今まで会った人で「ピアノは上手だけど頭は悪い」という人はあまりいません。楽器の演奏の上手な人や絵の上手い人は割と勉強の成績もいいように思えます。割と女性が男性の指をチェックしていることがあります。男性からすれば「なんで指?」と思うでしょうが、指というのは人間の知性の象徴なのです。

 私は小学生時代は別に成績が良くありませんでしたが、自分で言うのもなんですが、「なんとなく頭はいい方かな」と思っていました。というのも、自分には人並み外れた集中力があるから、まじめに勉強すればいい成績が取れると確信していたからです。なぜ自分で集中力があると思っていたかと言うと、やたらと漫画を模写したりプラモデルを作ったりと、指を動かすことをしていたからです。小学校低学年の頃は『キン肉マン』や『聖闘士星矢』が好きすぎて、しょっちゅう模写をしていました。また、私が小学生の頃はガンダムのプラモデルが流行しており、私も多分に漏れずせっせこ作っていました。しかし単純に組み立てるだけでは飽き足らず、隙間をパテで埋めたり塗装したりジオラマ造ったりして、どんどんディープにはまっていきました。自分で言うのもなんですが、結構な腕でした。模写にしてもプラモにしても、多いときは3時間くらい平気でやっていました。好きなことだから集中できたのでしょう。絵にしてもプラモにしても、ものすごい集中して手間をかけて丁寧に作り上げていくという作業は勉強と変わらないです。こうやって、私は集中力が鍛えられていったと思います。ちなみに、「天皇陛下の執刀医」で有名な天野篤さんも小さい頃はプラモばっか作っていて、その器用さが今の手術の技術に役立っているとおっしゃていました。

 保護者の中に、もし「この子、全く集中力がないんです!」とお悩みの方がいたら、何でもいい、アートをさせるべきです(あるいはスポーツを)。「アートなんて勉強に全然関係ないじゃん!」「副教科なんて無駄!」そうお考えの方は、考えを改めた方がいいです。(公立の)カリキュラムというのは、ちゃんと子どものバランスを考えられて作られているのです。

« 書いて覚える | トップページ | 自己紹介② »

勉強法」カテゴリの記事