« 自己紹介② | トップページ | 自分のために努力せよ »

2015年12月17日 (木)

淳心の白陵化について

 前々から「淳心が白陵化している」と言われていましたが、ここ数年でその傾向がますます強くなってきたように思います。まず、入試問題がヴェリタスとカリタスの導入以後、急に難しくなりました。過去問を解いて安心していると痛い目に合います。また、宿題の量もかなり増えました。それでいて淳心らしい自由な校風は変わっていません。基本を大事にするところも変わっていません。対して白陵(岡白)の入試問題は以前ほどは難しくなくなってきたように感じます。特に岡白は、以前はその場での発想力を問われる問題が多かったように感じましたが、ここ最近の入試問題は、受験勉強を真面目にやっていれば必ず解ける問題の割合が増えたように思います。淳心と白陵は偏差値的にも宿題量的にも大差なくなり、後は校風の好みの問題になっていくような気がします。

 淳心の宿題の量が増えたのはおそらく、生徒の自主性に任せておくと勉強しないからでしょう。昔は、淳心の進学実績の方が圧倒的でした。おそらく当時は、自分で考えて自分で勉強するという生徒が多かったからだと思います。そもそも昔は、中学受験をするという子供というのは、小学校の勉強に飽き足らず、自主的に中学の先取りをするような人達ばかりでした。しかし中学受験専門の塾が台頭し始め、子供達は塾のマニュアルに従っていれば合格できるようになりました。その結果、子供達はマニュアルを示してくれる人がいないと勉強しなくなりました(別に塾を責めているわけではありませんよ)。今の子供達も、学校から出された宿題は一通りはこなします。昔の子供はそれでも「一通りやっただけで、テストで点数が取れるか?」と考え、自主的に復習していました。しかし、今の子供達は考えないので、復習をしません。なのでテストでいい成績がとれません。そういう意味では、白陵は時代を先取りしていました。生徒の自主性に任せてもどうせしないので、同じような問題の宿題を大量に出すことで復習も強制させる、そういうカリキュラムにしました。結果的に奏功し、白陵の合格実績は淳心を追い越しました。

 勉強もスポーツと同じで、結局は練習量の多い学校ほど実績を残しています。大量の宿題は、自主的に勉強できない人には良いと思われます。ただ、大量の宿題は、自主的に勉強できる人にとっては重荷でしかないでしょう。大量の宿題は、その人個人によっては不要なものも含まれているからです。特に入試直前期になると、自分のやりたいことがあるのに宿題に縛られてできないというケースがあります。淳心が宿題の量と自主性のバランスをうまく取れれば、ものすごい合格実績を上げると思われます。

« 自己紹介② | トップページ | 自分のために努力せよ »

中学受験」カテゴリの記事