« 自分のために努力せよ | トップページ | 良い友人を作ろう »

2016年2月11日 (木)

西高とそれ以外との差

 以前に「高校入試で飾西以上はそれほど学力に違いはない」と書きましたが、じゃあ実際に定期テストで西高志望の生徒と飾西志望の生徒の間に点数に差がないかと言うと、そんなことはありません。しかし実際のところ、学力そのものにそれほど差を感じません。飾西志望の生徒も本当に頭のいい子が多いです。では何が違うかと言うと、西高に受かる生徒はミスを絶対にしない、そして易しい問題の取りこぼしが全くないという点です。点数の悪い人ほど「ミスやからしゃあないw(理解はしとるから大丈夫!)」と考えますが、西高志望の生徒は「ミスした、最悪…」と考えます。その意識の違いです。ミスをするということは、仕事ができないということです。社会に出て働きだすと、ミスをしたらその時点で会社をクビです。スポーツでもミスをした時点で負けます。現在の公立中学のテストも、内容はたいして難しいことを聞いていません。最低限の知識と解法を身に付けた上で、ミスをするかしないかを試しているに過ぎません(逆に言えば、その最低限の知識と解法すら身についていない人は、勝負の土俵にすら立っていません)。

 少し気になったのは、この入試直前期になってやたらと難しい問題(難関私立などの過去問)に手を出している人が多い点です。そしてそのほとんどは女子です。中3の2学期以降、女子の成績はおおむね下がります。それは女子の学力が落ちたわけではなく、今までサボっていた男子が勉強を始めた結果、全体の平均点が上がるからです。男子はそのまま波に乗って入試まで突き進むケースが多いですが、反して女子は不安から新しい問題集ややたらと難しい問題に手を出してドツボにはまっていきます。西高といえども、入試で100点取る必要はありません。捨て問はさっさと切り捨てることが必要です。難しい問題をするのが悪いとは言いませんが、その前提となるものが固まっていない状況で手を広げるのは自殺行為です。学校のワークはどの問題でも解ける、中学で習った漢字、英単語・熟語は全て書ける、定期テストで間違えた問題は全て解ける、そういう状態にしていないといけません。真面目で不器用な女子を見ていると、本当に気の毒になります。要領だけで受かる男子になど負けてはいけません(しかしそういう男子は高校に入って落ちこぼれますが)。女子も要領よくなりましょう。

« 自分のために努力せよ | トップページ | 良い友人を作ろう »

高校受験」カテゴリの記事