« 『僕らの仮説が世界をつくる』佐渡島庸平 | トップページ | 『これからの世界をつくる仲間たちへ』落合陽一 »

2016年4月29日 (金)

中学受験の本質

 中学生用の問題集を見ると、どの科目であれ、中学受験の問題と全く同じ問題が多々あるのに気づきます。社会と理科は中学とほぼ同じ、国語も古典がないだけで内容はほぼ同じです。算数に関しては、中学や高校の範囲を算数を使って解くのが一般的ですが、「中学・高校の解法(数学)を使ってはいけない!」わけではありません。昔の塾は「使ってはいけない!」「使うと0点になりますよ!」と平気で嘘をついていましたが、インターネットの普及によって「中学・高校の解法(数学)を使っても全く問題なかった」という事実が広まり始めると、「禁止されているわけではないですけど…」と態度を変えました。塾からすれば、「使ってはダメ!」としておかないと経営に響いたからでしょう。数学を学びたいのであれば、中学生向けや高校生向けの塾に行けば済む話だからです。もっとも、数学が算数より優れているというわけではありません。抽象度の高い数学よりも、具体性のある算数の方が分かりやすいという子供の方が一般的でしょう。要は子どもにとって使いやすい方を使えばいいだけの話です。ただ、嘘はいただけませんね。

 昔は、現在のような中学受験専門塾はありませんでした。そんな時代に、中学や高校で習う範囲から出題される問題に、当時の子供達はどうやって対応していたのかというと、中学や高校の教科書や問題集を使って、先取り学習をしていたのです。結果的にそういう子供達が中学受験を突破し、良い大学に入って良い会社に入って成功する、そういうロールモデルが形成され、そしてそれに憧れる家庭が増加しました。そしてそういう家庭の要望を満たすべく、私立が乱立し、それに伴い中学受験専門塾が台頭しました。優れたマニュアルで数多くの子供達に可能性を広げたのは間違いなくそれらの塾の功績です。しかし、中には子供自身よりも親の願望によって受験勉強を始めたという家庭もあり、合格できたもののカリキュラムについていけず、ドロップアウトするという子供が数多く現れ始めました。「名門私立に入れば、質の高い授業とカリキュラムで子供を導いてくれる」と思われがちですが、高いのはあくまで「レベル」であって、必ずしも「質」が高いわけではありません。実際、有名私立の生徒たちからはよく、「教師の言っていることがさっぱりわからない」「教師の言っていることが難しすぎて授業についていけない」という相談をされます(良い教師とは、難しい内容を簡単な言葉で説明できる人ですが、進学校におけるその認識のなさは今も昔と全く変わっていない印象です)。そういう場合でも、昔の子供達であれば、自分が入りたくて入ったのだから、それにくらいついていけたのでしょう。しかし元々そんなにやる気のなかった現在の子供達は気持ちが折れ、ドロップアウトしていきます。どの有名私立でも、下位層の学力はかなり悲惨な状況ですが、そういう実情はあまり知られていないようです。

 よく「公立中学はレベルが低い」と言われますが(よく学習塾はこう口撃しますが)、確かにレベルは低いですが、質が低いわけではありません。レベルが低いのは学力の低い子供達にも配慮しなければならないからであって、別に教師に高いレベルを教える技術がないわけではありません。試しに授業時間外に難しい問題を質問しに行ってみればいいでしょう。分かりやすく教えてくれるはずです。また、公立では教師は学力の低い子供達にも配慮して、なるべく平易な言葉で授業するため、生徒達はより良く理解することができます。私個人の経験で言っても、中学時代の教師達の授業が一番分かりやすかったです(一番分かりにくかったのが高校でした)。また、姫路は全体的にスポーツが強いです。例えば(白浜の)灘中学は柔道部が、夢前中はバレー部が全国大会の常連ですし、その他の学校も結構スポーツや文化部が強かったりします。公立だと、そういう名門クラブの英才教育が「タダ」で受けられます。そう考えると、公立が決して悪いとは思えません。

 たまに高校時代の同級生に会うと、みな口をそろえて「子供は私立に行かせたい」と言います。おそらく、高校に入ってからの「あの」急激な勉強のハイレベル化を経験し、「中学時代にもっと勉強させなければ、高校からが大変だ!」と考えているからでしょう。また、世代的にもまだヤンキーが多かったということもあり、「うちの子を変なのと一緒にさせたくない」という部分もあるようです。そういう同級生たちも、有名私立の下位層の学力の悲惨さを知れば考えを改めるかもしれません。公立の生徒は高校に進んでから壁にぶち当たり、そこで挫折するか、それを乗り越えるかしなければなりませんが、有名私立の生徒達はそれを中1段階で経験します。それを乗り越えられる生徒はいいですが、それができない生徒は6年間くすぶり続けます(そういう生徒はさっさと学校を辞めて公立に戻った方が良いと思います)。同級生たちには、そのリスクがあまり認識されていないようです。私立の底辺で6年間くすぶり続けるくらいなら、公立中学でしっかりと基礎・基本を固めて、かつ部活もガンガン頑張って体力も精神力も身に付けたうえで、それで高校で落ちぶれた方がまだマシです(高校で落ちぶれた人は高1からやり直せばいいですが、私立で落ちこぼれた人は中1からやり直さねばなりません)。公立は私立に比べて1年短い状況で大学入試に臨まねばなりませんが、基礎と基本が固まっていれば全く問題ありません。

 長々と書きましたが、私が言いたいのは要するに、中学受験の実質は飛び級だということです。難関私立は公立の勉強に満足できない子供が行くべきところです。小学校の勉強もままならない子供が行くべきところではありません。たとえ現在の成績が悪くても、子供に勉強を頑張る意志があり、かつ実際に塾や学校からの課題をきちんとしているのであれば、そのまま受験勉強を続けさせた方がいいでしょう。そういう子供は必ず伸びます。しかし、子供が家でまったく勉強していない状況(あるいはやったふりして答えを丸写ししている状況)であれば、さっさと受験勉強をやめさせた方がいいです。それが現時点でのその子の限界だったということです。そのまま無理やり受験勉強を続けさせると、その子は壊れてしまいます。そうなる前に、早めに撤退するべきです。

« 『僕らの仮説が世界をつくる』佐渡島庸平 | トップページ | 『これからの世界をつくる仲間たちへ』落合陽一 »

中学受験」カテゴリの記事