« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月10日 (金)

学歴について

 著名人はそろって「学歴なんか関係ない!」と仰いますし、私もその意見に賛成です。学歴はあくまでその人の一定の期間の学力を示したものに過ぎませんので、大学時代に遊び呆けてどれだけ学力が落ちようが学歴で評価するのは妥当ではありません。その学力というものも、あくまで事務処理能力の高さに過ぎません。ただ、これを「だから勉強なんてする必要ない!」と曲解して怠ける人が少なからずいます。成功した人は別として、「学歴なんて関係ない!」と言っている人たちは、学歴に代わる信用を何か持っているのか?甚だ疑問です。勉強するのもしないのも本人の自由ですが、勉強しないことで受ける不利益は覚悟しておかねばなりません。

 就職先の見つからない大学生が、「結局、企業は学歴で選んでいるじゃないか!学歴差別だ!!」などとよく泣き言を言いますが、企業からすれば学歴があろうがなかろうが、戦力になればなんでもいいのです。企業に就職したければ、学歴のハンデを覆す別の信用を4年間で作ればいいだけの話。結局その人に何も信用がないから、企業は消去法で学歴で判断するしかありません。「何もない奴よりは、事務処理能力だけでもある奴の方がマシ」ということです。それを「学歴差別だ!」などと言われても、企業からすればいい迷惑です。ただ、逆に言えば、学歴にはそういう消極的な信用力しかないということです。どれだけ高学歴でも、個人の信用を持っている人には敵いません。なので、受験生の方々は学歴そのものに過剰期待しない方がいいです。

 もっとも、学歴のある人が有名企業に就職したからといって、必ずしも幸せになれるわけではありません。有名企業ならある程度の高収入は保障されるでしょうが、仕事にやりがいを感じられない、労働環境がブラック過ぎる、という理由ですぐに辞めていく人が少なくありません。また、既存の企業は同業種同士でパイを奪い合う状態、新しいイノベーションを起こせない限り、東芝やシャープのように倒産してしまうリスクも常にあります。それでも就職するか、起業するか、フリーで生きていくか、自分で悩んで考えて結論を出さねばなりません。その前提として、やはりある程度の学力は必要ではないでしょうか?

学校選びについて 中学受験編

 学校選びについて述べる前に。まず大前提として、家で全く勉強(宿題)をしない子供は、有名中学に進学するのは、たとえ合格できたとしても、やめておいた方がいいです。真面目でかつ成績の良い子供の親御さんは「え?そんな家で全く勉強(宿題)をしないような子、いるの?」と思われるかもしれませんが、いるんです、たくさん(そしてそのほとんどは男子です)。家で全く勉強しなくても、塾で授業を受け、家庭教師あるいは個別の授業内で宿題を消化し、かつ時間が許す限り復習もすれば、それ程高望みしないのであれば、何とか引っかかるのです(親の経済力と子供の学力との関係云々はおそらく、このあたりにあると思います)。しかし中学に上がれば、科目数も宿題の量も増え、家庭教師や個別の時間だけでは宿題を消化することすら困難になってきます。そういう子供がカリキュラムについていけず落ちこぼれるのは、火を見るよりも明らかです。「とりあえず子供を進学校に放り込んでおけば、あとは学校が導いてくれる」と勘違いされている方が多いですが、学校からすれば、そういう家で全く勉強しないような子供に来られると正直迷惑でしょう。とりあえず合格することを考えるだけではダメで、合格した後、子供がそこでやっていけるのかということも考えなければなりません。勉強に対する自主性と自律性が身に付けられなかった時点で負けです。

 次に、学校校選びについて。学校の偏差値が高いからといって、必ずしも本人にとって良い学校とは言えません。灘なのに関関同立にしか受からなかった人もいれば、白陵から東大に受かる人もいます。逆に、白陵なのに兵庫県立大にしか受からなかった人もいれば、淳心から京大に受かる人もいます(決して関関同立や兵庫県立大を馬鹿にしているわけではありませんが、そのレベルの中学に受かるだけの超優秀な地頭があり、かつ6年間バカ高い学費を払い続けたにもかかわらず、そのレベルの大学に行くのは割に合いません)。学力が逆転するのは、その生徒がその学校のカリキュラムのレベルや内容、校風に合う・合わないという要素が大きいためです。カリキュラムの難易度はどれくらいのレベルなのか、どれくらいの速度でカリキュラムが進むのか、基本重視なのか演習重視なのか、予習先行型なのか教科書を使ってじっくり進めていくのか、落ちこぼれに対する救済策はあるのか、学校の雰囲気はどうなのか、その辺りをしっかり検討して、その学校が子供に合うか合わないかを見極めねばなりません。合格実績だけで判断して学校を選ぶと、入学後に後悔することになる可能性大です。入学して落ちこぼれる人に限って「宿題の量が多すぎる」「カリキュラムの進行速度が速すぎる」と不平・不満を口にしますが、学校からすれば、生徒は「それ」を承知で入学してきた「はず」なので、文句を言われる筋合いはありません。そこは選ぶ側の自己責任になります(「合わない」と思ったら、さっさと辞めた方がいいです)。もっとも、学校側も後になって文句を言われないように、カリキュラムの進度や定期テストのサンプル問題、使用教材など、具体的な情報をもっともっと公開するべきでしょう。

 また、場所も重要な考慮要素です。体力に余裕のある男子はともかく、女子の場合、遠い場所まで通学するのは体力的にかなりきつくなります。特に岡山方面だと、平日は通学だけで疲れ果ててしまい、家で全く勉強できないというケースも少なくありません。子供を岡山方面に進学させる場合は、寮に入れることも検討しておいた方が良いです。

 私個人としては、基礎と基本をしっかりとやってくれる学校が良いと思います。よく目にするのは、上ばっかり見て足元をお留守にするパターン。0から1を生み出すのは大変ですが、1を2や3に増やすのは容易です。その辺りをしっかりと理解できている学校なら間違いないでしょう。あと、あくまで私の経験上の話ですが、本命校にギリギリで引っかかった子供や補欠で入った子供はおおむね入学後も苦労しており、カリキュラムが「キツイ」と言っています。対して、本命校に落ちて滑り止めの学校に入学した子供はおおむね順調に学力を伸ばしており、学校を「楽しい」と言っています。私個人としては、ある程度余裕をもって学校を選んだ方が良いと思います。「この学校じゃなければ~大に合格するのは難しい」なんてことはありません。学校はあくまで自己成長のための手段、学校に何かをしてもらおうと考えるのではなく、子供自身がその学校でどう成長したいかを考えて学校を選ばねばなりません。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

無料ブログはココログ