« 義務教育は必要だが授業は不要 | トップページ | 学歴と学力 »

2016年6月10日 (金)

志望校選びに関して 中学受験編

 志望校選びに関して。まず大前提として認識しておかなければいけないのは、有名大学に行くためには公立の勉強だけでも十分だということです。公立だと高校時代にかなり頑張らなければなりませんが、中学までに基礎をしっかりと固めておけば何ら問題はありません。家で自主的に勉強できない子供は、有名中学に進学するのは、たとえ合格できたとしても、やめておいた方がいいです。とりあえず子供を進学校に放り込んでおけば、あとは学校が導いてくれると勘違いされている保護者が多いですが、学校からすればそういう子供に来られると迷惑でしょう。「とりあえず合格。その後のことは受かってから考えればいい」ではダメなんです。どの有名中学も高レベルのカリキュラムがハイペースで進められるので、家で全く勉強しないような人は必ず落ちこぼれます。「人に説得されて続けるようでは、どのみち続かない」(『3月のライオン』幸田八段)。自主性と自律性が身に付けられなかった時点で負けです。

 次に、偏差値が高いからといって必ずしも本人にとって良い学校とは言えないということです。灘なのに関関同立にしか受からなかった人もいれば、白陵から東大に受かる人もいます。逆に、白陵なのに兵庫県立大にしか受からなかった人もいれば、淳心から京大に受かる人もいます。学力が逆転するのは、その生徒がその学校のカリキュラムや校風に合う・合わないという要素が大きいためです。もっともこの校風というのも、各学校のパンフレットやホームページを見る限り、「子供の自主性を尊重して~」「子供の自立心を~」など抽象的なものばかり、結局は大学合格実績しか判断材料がありません(学校はカリキュラムの進度や定期テストのサンプル問題、使用教材など、具体的な情報をもっともっと公開するべきでしょう)。そしてこの大学合格実績も、最難関の一流校を除き、現役と浪人の内訳をホームページ上に公開していない学校がほとんどです。一見多くの合格実績を誇っているようでも、実際には有名大学の合格者の過半数が浪人生というケースもあり、こちらもあまりあてになりません。結局はその学校の生徒やその家族、あるいは卒業生からの口コミ情報が一番信頼できるでしょう。

 個人的には、基礎と基本をしっかりとやってくれる学校が良いと思います。よく目にするのは、上ばっかり見て足元をお留守にするパターン。0から1を生み出すのは大変ですが、1を2や3に増やすのは容易です。その辺りをしっかりと理解できている学校なら間違いないでしょう。

« 義務教育は必要だが授業は不要 | トップページ | 学歴と学力 »

中学受験」カテゴリの記事