« 学校選びについて 中学受験編 | トップページ | 漢字について »

2016年6月10日 (金)

学歴について

 著名人はそろって「学歴なんか関係ない!」と仰いますし、私もその意見に賛成です。学歴はあくまでその人の一定の期間の学力を示したものに過ぎませんので、大学時代に遊び呆けてどれだけ学力が落ちようが学歴で評価するのは妥当ではありません。その学力というものも、あくまで事務処理能力の高さに過ぎません。ただ、これを「だから勉強なんてする必要ない!」と曲解して怠ける人が少なからずいます。成功した人は別として、「学歴なんて関係ない!」と言っている人たちは、学歴に代わる信用を何か持っているのか?甚だ疑問です。勉強するのもしないのも本人の自由ですが、勉強しないことで受ける不利益は覚悟しておかねばなりません。

 就職先の見つからない大学生が、「結局、企業は学歴で選んでいるじゃないか!学歴差別だ!!」などとよく泣き言を言いますが、企業からすれば学歴があろうがなかろうが、戦力になればなんでもいいのです。企業に就職したければ、学歴のハンデを覆す別の信用を4年間で作ればいいだけの話。結局その人に何も信用がないから、企業は消去法で学歴で判断するしかありません。「何もない奴よりは、事務処理能力だけでもある奴の方がマシ」ということです。それを「学歴差別だ!」などと言われても、企業からすればいい迷惑です。ただ、逆に言えば、学歴にはそういう消極的な信用力しかないということです。どれだけ高学歴でも、個人の信用を持っている人には敵いません。なので、受験生の方々は学歴そのものに過剰期待しない方がいいです。

 もっとも、学歴のある人が有名企業に就職したからといって、必ずしも幸せになれるわけではありません。有名企業ならある程度の高収入は保障されるでしょうが、仕事にやりがいを感じられない、労働環境がブラック過ぎる、という理由ですぐに辞めていく人が少なくありません。また、既存の企業は同業種同士でパイを奪い合う状態、新しいイノベーションを起こせない限り、東芝やシャープのように倒産してしまうリスクも常にあります。それでも就職するか、起業するか、フリーで生きていくか、自分で悩んで考えて結論を出さねばなりません。その前提として、やはりある程度の学力は必要ではないでしょうか?

« 学校選びについて 中学受験編 | トップページ | 漢字について »

大学受験」カテゴリの記事