« 志望校選びに関して 中学受験編 | トップページ | 漢字について »

2016年6月10日 (金)

学歴と学力

 著名人はそろって「学歴なんか関係ない!」と仰いますし、私もその意見に賛成です。学歴はあくまでその人の一定の時期の学力を示したものに過ぎませんので、大学時代に遊び呆けてどれだけ学力が落ちようが学歴で評価するのは妥当ではありません。その学力というものも、あくまで事務処理能力の高さに過ぎません(これからは変わってきます)。ただ、これを「だから勉強なんてする必要ない!」と曲解して怠ける人が少なからずいます。成功した人は別として、「学歴なんて関係ない!」と言っている人たちは、学歴に代わる評価基準を何か持っているのか、甚だ疑問です。

 就職先の見つからない大学生が、「結局、企業は学歴で選んでいるじゃないか!学歴差別だ!!」などとよく泣き言を言いますが、それはとんでもない誤解です。企業からすれば学歴があろうがなかろうが、戦力になればなんでもいいのです。企業に就職したければ、学歴のハンデを覆す自分の武器をアピールすればいいだけですが、それができないのは結局、自分の武器が何もないからでしょう。企業も消去法で学歴で判断するしかありません。「何もない奴よりは、事務処理能力だけでもある奴の方がマシ」ということです。それを「学歴差別だ!」などと言われても、企業からすればいい迷惑です。ただ、これからも間違いなく学歴に対する信用は相対的に低下し続け、学歴ではなく学力そのものの評価の度合いが増え続けるでしょう。

 「学歴なんて関係ない!」と言っている人たちはだいたい高学歴者です。「矛盾してるじゃないか!」と思われるかもしれませんが、これはおそらく、高学歴者には「学歴って、世間一般で言われるほどおいしくないよな」という共通認識があると思います。私もこの仕事をしていなければ、全く感じなかったことでしょう。学歴そのものに見返りを求めるのは絶対にやめた方がいいです。自分のやりたいことを早めに見つけ、大学でどれだけ専門性を身に付けたか、世間はそこ「しか」評価しなくなります。

« 志望校選びに関して 中学受験編 | トップページ | 漢字について »

その他」カテゴリの記事