« 『インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで』岡田尊司 | トップページ | お勧めの文学アニメ »

2017年1月24日 (火)

中学受験における算数に対する誤解

 以前にも書きましたが、「中学受験では中学・高校の解法を使ってはいけない!」などということは決してありません。中学・高校の解法で解けるのであればそれで十分ですし、実際、中学・高校の解法を子供に教えている保護者の方も多いことでしょう。ただ、では「中学受験で学んだ算数的解法は無駄か?」と言われれば、決してそんなことはありません。コスパで考えれば一つの解法だけに集中した方がいいのでしょうが、一つの問題に対して算数的アプローチと数学的アプローチ、多面的に思考できる人の方が創造性があるのは言うまでもありません。特に算数的解法が役に立つのが数Aです。公立中学から高校に進学した生徒の多くが数Aを苦手としています。その抽象的な内容にとっつきにくさを感じるのは、西高の生徒といえども決して例外ではありません。対して、中学受験を経験した人であれば、数Aの内容は一度は解いたことのある問題ばかり、「ああ、あれね」という感じで、あとは算数的に理解していたものを数学的に理解し直すだけです。実際、公立中からの高校生に数Aの問題を算数的に具体的に説明すると、よく理解してもらえることが多いです。そういう点において、中学受験の算数的解法は無駄どころか、非常に有益です(そもそも全力で頑張ったことに、無駄なことなんて一つもありません)。そういう意味でも、やはり余裕がある人は、小学生時代に中学受験の勉強をしておいた方がいいです。

« 『インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで』岡田尊司 | トップページ | お勧めの文学アニメ »

中学受験」カテゴリの記事