« 2017年2月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年4月

2017年4月19日 (水)

自主退学もあり

 進学校に合格したものの学校のレベルについていけず行き詰まってしまった場合の対処法について。進学校に進むと、カリキュラムの進行が速くなるうえ、難易度も高まり、かつ宿題の量も増えます。宿題を一通りこなすだけで精一杯という人も多いでしょう。その場合、復習にかける時間がなくなるため、結局応用レベルはおろか基礎や基本すら固まらないという悪循環に陥ります。こういう場合、勉強の難易度を落として、まずは基礎・基本だけを固めなければなりません。最初から難易度の高いものは捨て、余った時間を復習に回すのです。このやり方だと上位は狙えませんが、落ちこぼれることもありません。

 ただ、もし子供が私立中学に通っている場合、自主退学した方が早い場合もあります。成績は悪いけど宿題はきちんとしている人、その人は要領が悪いだけなので、成績が上がる可能性は大いにあります。対して宿題を全くしない人は、そのままその学校に居続けても学力が上がることはまずありません(授業を聞いただけで問題が解けるようになることはあり得ません)。それどころか、上位層との学力格差がますます広がり、高3時には悲惨な状態になっています。宿題を全くしないということは、その学校のカリキュラムがその子にとってキツイということです。その学校に向いていなかったのです。もしそのまま学校に居続けさせると、精神的ストレスから体調を崩し、うつ、ひいては自殺に至るということも十分にあり得ます。そうなる前に、さっさと公立に戻って基礎からやり直すべきです。

 実際、後者のような生徒に対してはごく稀ですが、自主退学することを勧めることもあります(成績の酷さに加えて、精神的に不安定な人に対して勧めています)。どうも本人や親には、やる気を出させるための方便としか解釈されないことが多いですが、私としては割と真剣に提案しています。(有名な)私立に合格する時点で素晴らしい才能があるのは間違いないのですから、公立に戻ればいくらでもやり直しがきくのですが、「辞めたら恥ずかしい」という見栄やプライド、あるいは「有名校じゃないと有名大学や医学部には行けない」という幻想のせいで、決断できません。そしてそのままろくに勉強もしないままズルズルと学校にしがみついた結果はFラン大学行きです。

 高校生になってしまうと自主退学するのが難しくなりますが(独学で高認受けるのもアリですが、よほど自制心のある人じゃないと厳しいでしょう)、中学生の間だといくらでもやり直しがききます。辞めるなら、なるべく早い方がいいです。その決断のできるのは、親だけです。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年7月 »