« シンギュラリティを迎えるに当たって | トップページ | 目標はいらない »

2017年7月27日 (木)

いじめについて

 茨城県取手市で中3女子がいじめを苦に自殺したとされる件で、学校と教育委員会の対応に批判が殺到しています。報道によると、少女がいじめの事実を記載した日記帳や同級生によるいじめの目撃証言があったにもかかわらず、学校と教育委員会はいじめの事実をずっと認めてこなかったとのこと。今回の件も含め、これまでのいじめ自殺報道から明らかなのは、学校や教育委員会は全く頼りにならないということです。

 学校は基本的にいじめに対応できません。いじめは基本的に無形的方法(暴力ではなく、無視や陰口など)によって行われるため、立証がしにくいのに加え、教師は警察と異なり犯罪捜査の素人なので、発覚するのが難しいのです。加えて、いじめの明確な証拠がない段階で下手に加害者を問い詰めようものなら、加害者の親に「証拠もないのに学校にいじめっ子扱いされた!」と教育委員会に訴えられかねません。教師も正直なところ、「日常の激務で手一杯で、いじめ問題にまで手が回せない」というのが本音ではないでしょうか?また、仮にいじめの事実が認められたとしても、日本では加害者の人権ばかりが偏重されているため、加害者に対し厳しい罰を課すことはできません。たとえ義務教育の公立の小・中学校であっても、「いじめをしたら即退学」ぐらい厳しい罰を課さない限り、いじめはなくならないでしょう。

 今回のケース、いじめの原因はおそらく嫉妬でしょう。被害者は育ちの良さそうな美人で、おまけにピアニストを目指していたそう。本人に全く落ち度がなくても、勝手に嫉妬して敵意を向けてくる人間は一定数います。これは子供の世界に限った話ではありません。子供はなるべく「そんなの」と関わらないようにすると同時に、なるべく他人の嫉妬を買わないように振る舞いに気をつけるしかありません。

 それでももし、自分の子供がいじめの標的にされたら?いじめは発覚しにくいので、親は普段から子供に対し、「学校で何か嫌なことがあれば、すぐに私達に言うんだよ」ということを徹底させると同時に、なるべく子供の変化に敏感になっておかねばなりません。いじめの疑いが出れば、まずは証拠集め、子供にいじめ現場を隠し撮りさせ、できれば他の生徒の証言も集めておくこと。それらの証拠を元に、まずは学校に相談し、それでも改善されないようであれば、学校に行かせないようにするしかありません。義務教育の場合、いじめをするような倫理なき猿でも退学にすることはできません。今はもう、「勉強に学校ありき」という時代ではありません。学校に行かなくてもネットを活用すればタダでいくらでも勉強できます。あと、集めた証拠を元に、学校と猿の親に対して民事訴訟を起こして損害賠償請求できます(正直、学校にいじめの責任を負わせるのは酷な気がしますが、法律上そうなっているので、利用できるものは利用しましょう)。それで得た賠償金を教育資金に回せばよいでしょう。

« シンギュラリティを迎えるに当たって | トップページ | 目標はいらない »

時事ネタ」カテゴリの記事