« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月 6日 (金)

勝手に期待する人たち

 つい先ほど、ノーベル文学賞を日系イギリス人のカズオ・イシグロさんが受賞したとの報道がありました。イシグロさんのことは全く存じ上げませんでしたが、あの『わたしを離さないで』の原作者とのこと。毎年この賞の発表が近づくたび、「村上春樹さん、今年こそ受賞なるか!」という報道が大々的になされ、発表直前には「ハルキスト」と呼ばれる村上さんの熱狂的ファンや村上さんの高校の同窓生が集まって固唾を飲んで発表を見守る、そして村上さんが選ばれなかったと知るや「はぁ~」とため息をつく、そういうシーンがもう十年ほど続いています。村上さん本人が望んでいるかどうかも分からない賞を勝手に期待して、受賞しなかったと知るや勝手に落胆し、「来年こそは、期待しています!」と勝手に期待する人たち、そしてそれを全国に放送するテレビ、ちょっと理解できない。「あんたら、自分の人生ないの?」と思ってしまう。

 世の中には、子どもに過剰期待をする親がいます。子供が望んでいないのに勝手に子どもの目標を定め(「~校に合格しろ!」「最低でも~大ぐらいは卒業して、一流企業に入れ!」「医者になれ!」「弁護士になれ!」など)、子供が結果を出せないことに対して「なんでこんな簡単な問題も解けないんだ!」と怒ったり落胆したりして子供を傷つける親。そういうことが重なった結果、子どもから「そんなに偉そうに言うなら、お前がこの問題解いてみろ!」「そんなに良い大学に行きたきゃ、自分が勉強して行けばいいやん」「子供にテメーの夢乗せるな!」と反論される羽目になります。親が子供に期待するのは当然、問題なのは、それを子供に押し付けてしまうことです。夢や目標はあくまで本人が決めること、親はそれを支えるべきです。親の期待に応えられる子供もいますが、そうでない子供は気の毒です。

 もっとも、「親は何も口を出すな」と言っているわけではありません。例えば子供が宿題をやっていなかったり、宿題の答えを丸写ししたりしている場合は大いに𠮟ってかまいません。それは、その子が約束を破ったり嘘をついているからです。子供が自分の勉強道具を管理していなかったり、勉強部屋を散らかしまくっている場合も、叱ってかまいません。それは、その子がだらしないからです。要するに、親は子供に対して、人としての最低限の常識やモラルを教えさえすればいいのです。それ以上のことは必要ありません。宿題をやっていなかったり答えを丸写ししている理由が単純にサボリなら叱って遊び道具を処分すればいいですし、理由がその子にとってその勉強のレベルが「キツイ」「これ以上頑張れない」のであれば、無理をさせず、子どもの学習環境のレベルを落とすことです。そこで「甘いこと言うな!根性を出せ!」などと言ってしまうと、子供はグレてしまいます(気の弱い子であればうつ病にかかるか、下手したら自殺しかねません)。その子のレベルに合わないことをさせるというのは、普段全然運動しない人に、「今からフルマラソンしろ!」と言っているのと同じことです。できないものはできない。普段運動しない人でも、「とりあえず、まずは1kmだけ走ってみようか」というところからなら、始められます。基本的にそれと同じことです。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »