« 努力について | トップページ | 宿題について »

2017年11月17日 (金)

歴史的思考力について

 どうやら高校で、歴史用語が半減されるかもしれないとのこと。「大学入試で歴史の細かい用語が出題され、高校の授業が暗記中心になっているのは問題だ」からだそう(朝日新聞デジタル版11月16日付)。個人的にはこの改革に大賛成です。日本史も世界史も、覚えることが多すぎて、歴史の流れが分かりにくくなってしまっている。

 そもそも歴史をなぜ学ぶのか?文部科学省によると、世界史は「地理的条件や日本史との関連、歴史的思考力」で、日本史は「主題学習の充実、伝統文化、歴史的思考力を育成」とのこと(ソース)。両者に共通している「歴史的思考力」って何だよ?抽象的でよくわかりませんが、個人的に共感できるのは、「過去の失敗の事実とその原因を知り、同じ間違いを繰り返さないようにするため」という意見です。これから先、私達の社会で大きな問題が起こったとき、過去のケースをサンプルにして、解決策を見つけていくということでしょうか。そう考えると、何年に誰が何したとか、どういう名前の制度であったかなどということは、実に些末なことになります。例えば、「誰が鎌倉幕府を開いたのですか?」というのは大して重要ではなく、「なぜ源頼朝は鎌倉幕府を開いたのですか?」ということの方がよほど重要です。人によって様々な解釈がありますが、一番スタンダードなものは「朝廷から政治権力を奪うため」というもの。鎌倉幕府が成立する以前は、一部の既得権益層(皇族と貴族)だけが政治権力を行使して利益を独占していたため、その既得権益層を排除するために朝廷から政治権力を奪ったということです。この既得権益層とそれを排除しようとする構図、いつの時代のどの国にも起こっていることです。過去のケースをサンプルにして問題を解決していく力を身に付けさせようというのがおそらく、文部科学省の狙いでしょう。

 これからの大学入試、この「歴史的思考力」そのものを問う問題がますます増えることでしょう。「日本の江戸時代の鎖国政策の妥当性について論じた上で、これらかの日本のTPP交渉における方向性を示せ」とか、「過去の歴史的事象から考えて、これからの日本は中国に対してどのように対応していくべきか?」とか、単純だけど考えさせるという問題が増えていくことでしょう。この方が、教える側も学ぶ側も楽しめます。とてもいいことだと思います。

« 努力について | トップページ | 宿題について »

大学受験」カテゴリの記事

無料ブログはココログ