« 宿題について | トップページ

2017年12月20日 (水)

暗記について

 「暗記だけではダメ。思考力も含めた総合的学力をつけなければならない。」こう言われて実に久しいです。そしてこれからも暗記することは徐々に減り続け、思考力そのものを問う問題がますます増えていくことでしょう。知識を知りたければググれば(Googleで検索すれば)いいだけですから、ググるだけでは対処できないことに対する能力を要求されるのは当然の傾向です。

 ただ、長年「暗記だけではダメ。」の部分が強調されてきた結果、暗記が軽視されるようになってしまいました。「暗記だけではダメ」という言葉には「暗記をしている」という前提があり、「暗記をしなくていい」なんて一言も言っていないのですが、子供達の頭の中では「暗記だけではダメ」→「暗記だけやっても点数はとれない」→「暗記しても点数はとれない」→「暗記しても意味がない」→「暗記しなくていい」と、実に都合のいい脳内変換が行われてしまっています。漢字や英単語など、単純な知識は覚えていないと解きようがないものですが、そういう部分を覚えられない子供が少なくありません。「俺は暗記はしないけど思考力がある(つまり俺は頭はいい)」などと勘違いしている男子が実に多いですが、思考力のある人ほど知識が豊富です。持っている知識を活用するからこそ、思考力があるのです。その前提となる知識がないと、思考できません。

 「じゃあ暗記するにはどうしたらいいんですか?」これはもう、書くしかないのではないでしょうか。人によっては音読も効果があるそうです、何にせよ五感を使って覚えるのが一番でしょう。これを言うと必ず言われるのが、「めんどくさい」「だるい」「しんどい」「コスパ悪くないですか?」「書くより、見て覚えた方が早くないっすか?」という反論です。自分のやり方で楽に覚えられるのであれば、その方法でするに越したことはないのですが、全く何も覚えていない人ほど「コスパが悪い」だの「見て覚えた方が早い」だのと言います。「見て覚える」と豪語する人のパターンが、見る→疲れる→すぐやめる、というものです。見て覚えられるだけの脳のスペックがないのですから、地道に書いて覚えるしかないのですが、「しんどいし、時間もかかるから嫌」なのです。これはもう、「じゃあ諦めなさい」と言うほかありません。そもそも書くという作業は、時間はかかりますが、脳への負荷が少ないので、長時間できます。言うほどコスパが悪いとは思いませんが。

 一度もスポーツをしたことがない茶道部の少年がボクシングの村田諒太選手の活躍を見て「よ~し、俺もプロボクサーになって、ボクシングの世界チャンピオンになるぞ!」と一念発起したとしましょう。その少年がボクシングジムに行ってまず最初にさせられることは、走り込みと筋トレです。そこで少年が「そういうのは自分でできますんで、そんなことより、テクニックを教えてくださいよ」などと言おうものなら、「馬鹿か、お前は!」と一喝されることでしょう。テクニック以前に、それをこなすための基礎体力がなければ話になりません。スポーツの強豪校はどこも、生徒に対し基礎体力トレーニングを死ぬほどさせます。技術以前に、基礎体力がないとどうにもならないからです。それと同じで、勉強でも基礎となるべき知識がないと話になりません。そういう基礎を身に付けるためには、地道な作業を長時間かけて行わなければなりません。そこを逃げる限り、その道で成功することはできません。これは勉強に限らず、どんな分野についても言えることです。

« 宿題について | トップページ

勉強法」カテゴリの記事