« 『消えた弁護士たち 中国“法治”社会の現実』NHK | トップページ | 未だに根深い女性差別について »

2018年7月30日 (月)

マジで勉強しておいた方がいいと思った

 昨日の台風と少し前の西日本豪雨、そして東日本大震災、日本はつくづく自然災害が多いなあと思うと同時に、「もしかして日本、マジでなくなるんじゃない?」という悪寒が頭をよぎりました。前に草彅剛さん主演の『日本沈没』という映画がありましたが、ああいう状態がリアルに想像できてしまうぐらいに災害が起こりまくっている状態です。西日本豪雨のときに起きた水不足、もしあの豪雨の規模がもう少し大きければ、水不足状態が長期間続き、人々が水を奪い合って殺し合いをするような、まるで『北斗の拳』のような世界になっていたかもしれません。自然に対して人間はあまりに無力です。

 グローバル化が進み、仮想通貨が普及する中、共通言語の英語さえ話せれば、日本に住む必然性はありません。国がいくら道徳教育に力を入れて愛国心を植え付けようとも、命あっての物種、老人はともかく、若い人は日本と心中する必要は全くありません。若い人は、もしもの場合を想定して、教養を身に付けられるうちに身に付けておいた方がいいです。金も物も、持ってても無意味です。教養といっても別に学校の勉強に限った話ではありません。生きていくために必要なことは何か?自分で考えて自分で決めて学んでいけばよいです。あとは体力。男は体を鍛えて、最低限、自分と自分の大切な人を守れるぐらいにはしておいた方がいいです。

 「日本が沈没なんてするわけない!」原発をつくるとき、学者たちは「事故なんて起きるわけがない!」と言い切っていましたが、原発事故が起きたとき、学者たちはみな「想定外」だと言いました。。「日本がデフォルトするわけがない!」と言い切る学者たちも、実際にデフォルトが起きたら「想定外」だと言うでしょう。マルクス曰く「すべてを疑え」です。

« 『消えた弁護士たち 中国“法治”社会の現実』NHK | トップページ | 未だに根深い女性差別について »

時事ネタ」カテゴリの記事