« 働くのもアリ | トップページ | 『傷口から人生。メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった』小野美由紀 »

2018年8月11日 (土)

ズルはダメ!

 私の経験上、絶対に成績を上げることのできないタイプの子供がいます。「宿題を全くしない子供?」ではありません(ちなみに宿題とは、私が独自に出す宿題ではなく、学校(中学受験であれば塾)から出された宿題のことです)。家で全く宿題をしない子供でも、正直に「やってません」と言ってくれる子供はまだ「いい子」です。「見込み十分アリ」です。宿題を全くしてこなくても、家庭教師の時間内でできる限りのことをすれば、決して高望みはできませんが、ある程度までは対処できます(子供が何か厳しめのスポーツをやっている場合は、子供の集中力が非常に高いので、さらに高いレベルまで対処できます)。また、子供が家で宿題をしないのには必ず理由があるのですから、子供がその理由を正直に話してくれれば、そこを改善するための具体案を出すことはできます(経験上、勉強の難易度を下げ、家庭の環境を変えれば、うまくいくことが多いです)。「正直の頭に神宿る」です。

 絶対に成績を上げることのできない子供、それは、ズルをする子供です。ズルをする子供とは、典型的なのは、宿題の答えを丸写しして「宿題やりました!」と嘘をつく子供です(宿題が出されているのに「出されていません」と嘘をつく子供や、宿題をやっていないのに「やりました!」と嘘をつく子供も)。私は基本的に子供を叱るということをほとんどしませんが、子供がズルをしたときだけは、かなり叱るようにしています。ズルをして得られるものはありません。仮に子供の頃にズルをすることで味をしめてしまうと、その子供は大人になってから大いに苦労することになります。子供のズルを見破って叱るのは、大人の役目だと思っております。「ズルはダメ!」、これは知人の受け売りですが、細かい小言は言わないかわりに、その「ズルをしない」というラインを超えたときだけは徹底的に叱る、それでいいと思います。

 「宿題をしていない」からといって子供を頭ごなしに叱っても、ほとんど効果はありません。むしろ、子供の嘘のスキルを上げてしまうだけになってしまいます。私は子供に対し、「宿題をしていなくても決して叱らないから、やっていないときは正直に言って」と伝えております。それでも、何度注意しても子供がズルをやめない場合、その子供は「見込みナシ」ということで、契約を解約させていただきます。申し訳ありませんが、こういう子供は勉強には向いていません。勉強よりも何か他の道を探して、そこで頑張る方が、その子供が幸せになれる確率が高いと思います。

« 働くのもアリ | トップページ | 『傷口から人生。メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった』小野美由紀 »

その他」カテゴリの記事

無料ブログはココログ