« 握手会に行け | トップページ | 集中力は有限です »

2018年9月12日 (水)

ダイエット記

 私事で恐縮ですが、この4ヶ月で13㎏のダイエットに成功しました(90㎏→77kg)。身長が178cmなので、適正体重の68kg㎏まで、引き続きあと9kg落とす予定です。

 そもそもダイエットを始めたきっかけは、特定検診で「メタボ予備軍」と判定をされたことでした。血圧の上が147、下が97というかなりヤバい数字をたたき出してしまい、そのことで初めて尻に火が付きました。夜中に豚キムチ丼とか食べていたのがいけなかったのでしょう。血圧を下げるにはとにかく体重を落とすことと塩分の量を減らすこと、とのこと。さすがに自分の命がかかっているので、最初から本気モードでダイエットに取り組みました(当ブログで散々偉そうなことを言っている私ですが、ギリギリにならないと反省しないあたり、私が一番馬鹿だと思います)。

 どうやって痩せたのか?やり方はきわめて単純、食事制限と運動、それだけです。ただ、食事制限と運動、どちらが重要かといえば、9:1で食事制限の方が重要です。というのも、もともと私は運動をよくする方でしたが、体重はまったく落ちませんでした。運動量自体はそこまで増やせない以上、残るのは食事制限だけでした。食事制限をする際に非常に参考になったのが、津川友介さんの『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』という本でした。ネタバレすると、健康に良い食品は①魚②野菜と果物(ジュース、じゃがいもは含まない)③茶色い炭水化物(玄米とか)④オリーブオイル⑤ナッツ類、対して健康に悪い食品は①赤い肉(牛肉や豚肉など。 鶏肉は含まない。ハムやソーセージなどの加工肉は特に悪い)②白い炭水化物(白米など。白米は角砂糖とまったく同じだそうです。)③バターなどの飽和脂肪酸、だそうです。この本に従い、とにかく「健康に良い食品」だけを食べ続けました。健康に良い食品を食べ続けると満腹感や満足感が得られ、必要以上に食べなくなりました。食事の量自体はたいして減らしたわけではありませんでしたが、特に苦も無く、自然と痩せられました。つまり私の場合、食事「量」の制限ではなく、食事の「種類」の制限で痩せられました。

 ちなみに塩分に関しては、常に食べ物の塩分量(ナトリウム量g×2.5)を意識して食事をするようにしました。まあ世の中の食品の、なんと塩分量の多いこと。1日の摂取塩分量は6g以下に抑えないといけないらしいのですが、即席ラーメンなんて1個で塩分量5.5gですからね。はっきり言って「毒」ですよ、「毒」。こんなもん食べ続けたら、そりゃ病気にもなるわ。ジャンクフードは本当に食べない方がいいです。結局、主食を玄米にして、血液をサラサラにしてくれるという玉ねぎと青魚の定番サバをオリーブオイルで炒めたものをおかずにして、その食事を続けました。ただ、毎日毎日こればかり食べているとさすがに飽きてきたので、冷蔵庫にある野菜を何種類か適当に選んで細かく切って、それと玄米を混ぜ合わせてオリーブオイルで炒めて適当な調味料をかけたものを食べるようにしました。それなりに手をかければ、それなりに美味いものがつくれるものですね。毎回違う野菜の組み合わせにすると、味に飽きない上に創造性が刺激されて、とても楽しいです。元々料理はする方でしたが、これを機にもっと料理の腕を上げていきたいです。

 運動に関しては、体重を減らすには有酸素運動がいいということなので、とにかく歩くようにしました。走って、疲れたら歩いて、それを交互に繰り返す感じ。毎日深夜に、白いTシャツに短パン、ショルダーバッグに水筒を入れて、まんま山下清みたいな格好で、なるべく車の通らないところをフラフラ歩いていました。傍から見るとかなり怪しい人に映っていたと思います。ただ、途中から「ただ歩くだけじゃもったいないな」と思い始め、「どうせエネルギー使うなら」と、ただ歩くよりも、家事を積極的にするようにしました。家中の床を雑巾で拭いたり、トイレや風呂場の掃除をしたり、買い物をするときにはスーパーまで歩いて行ったり。とにかく小刻みに体を動かすことを意識するようにしました。

 今回のダイエットで意識したことは、とにかく「苦にならない範囲で」ということです。仮に毎日死ぬほどハードに運動したり、一切食事をとらないなんてことをしていたら、かえって挫折していたことでしょう。勉強もそうですが、「キツイ」ことをしたり、「キツイ」と思うまで続けたりするから、次からやる気が出なくなるのです。苦にならない自分のペースであれば、時間はかかっても確実にゴールに近づけます。あとは、欲張らないこと。体重が落ち始めると「もっと落としたい!」と思い、ついつい運動しすぎたり、極端に食事制限したりするようになってしまいます。そういうハードなことをしたにもかかわらず体重が落ちていないと、挫折感がハンパなく、ダイエットを続ける気力を失くしてしまいます。「あ、落ちた。ラッキー」ぐらいの気分でやっているのが一番良いです。勉強もそう。「次のテストで~番以内に入るぞ!」と思って頑張ったにもかかわらず、その目標を達成できなかったときの挫折感はハンパなく、かえって勉強のやる気を阻害してしまいます。やるべきことをやっていたら、いつの間にか成績が上がってた、というのが理想です。まあとにかく、今のペースを維持して、もう9kg落としていきたいと思います。

« 握手会に行け | トップページ | 集中力は有限です »

ダイエット」カテゴリの記事

無料ブログはココログ