« 『傷口から人生。メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった』小野美由紀 | トップページ | ダイエット記 »

2018年9月 7日 (金)

握手会に行け

 先日、教え子の一人(男子)が、某大手系列予備校において、2万円くらいする「モチベーション」に関する超胡散臭そうなセミナーを、なんと5時間も受けてきていました。私は「やめとけ」と言ったのですが、押しに弱いその子は結局行ってしまいました。で、そのセミナーを受けてその子のモチベーションは上がったのか?といえば、全く効果はない様子。本人曰く、「行かなよかった…」。いやいや、んなもんで上がるわけないって。その金と時間があれば、彼の大好きな乃木坂46のメンバーの握手会に行った方が、よっぽどモチベーションアップにつながったことでしょう。どうでもいいおっさんの話を5時間も聞くよりも、たとえ5秒でも、自分の好きな女性に「受験生なんですか?頑張ってください!」って言ってもらう方が、その子にとってよっぽど活力になります。

 男にとってのモチベーションとは?(下品な言い方で申し訳ありませんが)女、それしかありません。勉強すること、体を鍛えること、出世、金、これらも結局は女にモテるためです。あらゆる動物のオスは、メスの気を引くために努力します。少しでもいいメスに振り向いてもらうために、自分を高める努力を惜しみません。が、周りに女子のいない男子校の生徒の場合、共学でも振り向かせたい女子が周りにいない男子の場合、勉強にしろスポーツにしろ、モチベーションを維持するのは困難になってきます。無気力に怠惰に日常を送っている男子たちは、もし好きなアイドルがいるのであれば、是非とも握手会に行くべきです。握手会に行って今までに見たこともないような可愛い女子と会話すれば、ものすごいエネルギーをもらえるかもしれません。「よーし、俺も今から努力して、将来はこれぐらい可愛い女の子と結婚するぞー!」と思えれば大成功です。間違っても、「でも現実には無理だよなあ…」などと考えてはいけません。人生、勘違いしたもん勝ちです。引きこもりもニートも、握手会に行けばいいのです。握手会に行けば、次の握手会に行くための金を稼ぐために働くようになるかもしれません。

« 『傷口から人生。メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった』小野美由紀 | トップページ | ダイエット記 »

モチベーション」カテゴリの記事

無料ブログはココログ