« 超不安です | トップページ | できることだけ、やりましょう »

2018年11月 5日 (月)

どうしても勉強させたいなら

 「この子、全くやる気がないんです!なんとかしてください!」「この子、家で全く勉強しないんです!なんとかしてください!」現在はこういうご家庭からの依頼は全てお断りしております。やはり最低限、子供本人のやる気は必要です(やる気とは願望ではなく、やるべきことをやる覚悟のことです)。「自分を変えたい!」「なんとかしたい!」「成績を上げたい!」「~校に受かりたい!」少なくとも子供自身にそういう気持ちがなければ、お力にはなれません。仮に「私、この子をプロ野球選手にしたいんですけど、この子、全くやる気がないんです!全然練習しないんです!なんとかしてください!」と言う親がいたら、大多数の人は「あんた、何言ってんだ?」と思うことでしょう。この場合、「子供をプロ野球選手にしたい」と言うのは親の欲であり、子供に「それに従え」というのは親のエゴです。ところが、勉強に関しては、この変な理屈がまかり通っています。その前提には、子供に「(学校の)勉強は必要だ」ということが正しいものと信じて疑われていないからでしょうが、それって本当に正しいのか?

 そもそも世の中に正しいものなんてありません。人は「自分は正しいと思う」としか言えないはずであって、「自分は正しい」と言い切ってしまう奴は、かなりヤバい奴です(そういう奴とはなるべく関わらないようにしましょう)。もっとも、人それぞれが「自分は正しい」と言い始めたら世の中がまとまらないため、「正しいとされていること」によって(その典型が法です)、それぞれが妥協することで社会が成立しているわけです。親が「勉強は必要だ」と思うのであれば、親自身が自分の言葉で「私は勉強は必要だと思う」ということを子供に伝えるか、あるいは子供に「勉強は必要だ」ということを認識させるように誘導することです。少なくとも、親が念仏みたいにただただ「勉強しろ!」「勉強しろ!」と唱えたところで、何の説得力もないどころか、子供はその念仏をウザがって余計に勉強しなくなるだけです。そもそも、親に「勉強しろ!」って言われて「はい!わかりました!」と素直に勉強する子供って、いるのか?

 勉強する、しないは子供の自由です(ただ、勉強しないことで受ける不利益は認識しておいた方がいいとは思います。後になって社会を逆恨みされちゃたまらん)。それでもどうしても、「勉強をしたくない」という子供に勉強をさせたいのであれば、以下、具体的な方法として、

①子供に給料を払って勉強をさせる…子供が勉強したら「1時間につき~円あげる」ようにしておくことです。これ言うと「不道徳だ!」みたいなことを言われるのですが、子供に「意に反する苦役」を行わせるのですから、それに見合う対価を支払いのはむしろ当然でしょう。実際、大多数の会社員は給料と引き換えにやりたくもない仕事をしているわけですから。

②泣く…これは主に、母親が息子に対してとれる手段です。これ確か、福山雅治さんがラジオで語っていたエピソードだったと思います。福山さんは高校時代、学校に行かず毎日布団の中でゴロゴロ寝転がってダラダラ過ごしていたそうです。そんな毎日が続いていたある日、そっと母親が福山さんの部屋にやってきて、無言で枕元に正座して、ただ涙をポロっと流したそうです。福山さんはそれを見て、大慌てで学校に行ったそうです。なんとなく、その気持ち、わかります。なんだかんだで、男は母親が大好きです。その母親の涙を見ることほど、辛いものはありません。男は母親の涙を見て、「ああ、俺のこと、本気で心配てくれているんだな」と痛感することでしょう。少なくとも、「母親を悲しませるようなことは控えよう」と思うはずです。お母様方は、嘘泣きでもいいので、試してみる価値はあるのではないでしょうか?

③ぶん殴る…決してお勧めはできませんが、一つの手段として、子供が勉強していなかったら、父親が子供をぶん殴る。恐怖で子供を支配して、勉強させる。どうしても子供を勉強させたいのであれば、手段としてはアリかも知れません。その結果、子供が家出したり自殺したりするかもしれませんし、子供が一生トラウマを引きずって生きていくかもしれませんし、親子関係が修復不能なまでに壊れるかもしれませんし、あるいは親がプッツン来た子供にナイフで刺されるかもしれませんが、そこは自己責任でお願いします。堀江貴文さんと井川意高の共著『東大から刑務所へ』という本があります(結構面白いので、お勧めです)。井川さんは元・大王製紙の社長で、カジノで会社の金約100億円を使い込み、背任で実刑判決を受けたことで有名です。この本によると、井川さんは中1の頃、父親からマンツーマンで英語を教えられていたそうなのですが、井川さんが少しでも問題を間違えると、学歴コンプレックスの強い父親から(一浪して慶応)グーでぶん殴られていたそうです。ある時は激高した父親にゴルフクラブで殴られそうになり、母親の必死の制止で事なきを得たそうです。ただ、その結果、英語の成績が上昇し、現役で東大文1に受かったそうです。勉強という分野では成功したのかもしれませんが、勉強漬けの反動からか(ほとんど遊んだ記憶がないそう)、その後井川さんがカジノにハマって会社の金を横領し、結果、責任を取らされる形で井川一族が会社から追い出されたことを考えると、失うものの方が大きかったと言えるでしょう。

« 超不安です | トップページ | できることだけ、やりましょう »

モチベーション」カテゴリの記事

無料ブログはココログ