自己紹介

2018年9月12日 (水)

ダイエット記

 私事で恐縮ですが、この4ヶ月で13㎏のダイエットに成功しました(90㎏→77kg)。身長が178cmなので、適正体重の68kg㎏まで、引き続きあと9kg落とす予定です。

 そもそもダイエットを始めたきっかけは、特定検診で「メタボ予備軍」と判定をされたことでした。血圧の上が147、下が97というかなりヤバい数字をたたき出してしまい、そのことで初めて「マジでヤバい!!!」と尻に火が付きました。夜中に豚キムチ丼とか食べていたのがいけなかったのでしょう。血圧を下げるにはとにかく体重を落とすことと塩分の量を減らすこと、とのこと。さすがに自分の命がかかっているので、最初から本気モードでダイエットに取り組みました(当ブログで散々偉そうなことを言っている私ですが、ギリギリにならないと反省しないあたり、私が一番馬鹿だと思います)。

 どうやって痩せたのか?やり方はきわめて単純、食事制限と運動、それだけです。ただ、食事制限と運動、どちらが重要かといえば、9:1で食事制限の方が重要です。というのも、もともと私は運動をよくする方でしたが、体重はまったく落ちませんでした。運動量自体はそこまで増やせない以上、残るのは食事制限だけでした。食事制限をする際に非常に参考になったのが、津川友介さんの『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』という本でした。ネタバレすると、健康に良い食品は①魚②野菜と果物(ジュース、じゃがいもは含まない)③茶色い炭水化物(玄米とか)④オリーブオイル⑤ナッツ類、対して健康に悪い食品は①赤い肉(牛肉や豚肉など。 鶏肉は含まない。ハムやソーセージなどの加工肉は特に悪い)②白い炭水化物(白米など。白米は角砂糖とまったく同じだそうです。)③バターなどの飽和脂肪酸の多いもの、だそうです。この本に従い、とにかく「健康に良い食品」だけを食べ続けました。健康に良い食品を食べ続けると満腹感や満足感が得られ、必要以上に食べなくなりました。食事の量自体はたいして減らしたわけではありませんでしたが、特に苦も無く、自然と痩せられました。つまり私の場合、食事「量」の制限ではなく、食事の「種類」の制限で痩せられました。

 ちなみに塩分に関しては、常に食べ物の塩分量(ナトリウム量×2.5)を意識して食事をするようにしました。まあ世の中の食品の、なんと塩分量の多いこと。1日の摂取塩分量は6g以下に抑えないといけないらしいのですが、即席ラーメンなんて1個で塩分量5.5gですからね。はっきり言って「毒」ですよ。こんなもん食べ続けたら、そりゃ病気にもなるわ。ジャンクフードは本当に食べない方がいいです。結局、血液をサラサラにしてくれるという玉ねぎをオリーブオイルで炒めて卵で綴じて、炊いた玄米の上にぶっかけるという食事を続けました。ただ、毎日毎日こればかり食べているとさすがに飽きてきたので、冷蔵庫にある野菜を何種類か適当に選んで細かく切って、それと玄米を混ぜ合わせてオリーブオイルで炒めて適当な調味料をかけたものを食べるようにしました。それなりに手をかければ、それなりに美味いものがつくれるものですね。毎回違う野菜の組み合わせにすると、味に飽きない上に創造性が刺激されて、とても楽しいです。元々料理はする方でしたが、これを機にもっと料理の腕を上げていきたいです。

 運動に関しては、体重を減らすには有酸素運動がいいということなので、とにかく歩くようにしました。毎日深夜に、白いTシャツに短パン、ショルダーバッグに水筒を入れて、まんま山下清みたいな格好で、なるべく車の通らないところをフラフラ歩いていました。傍から見るとかなり怪しい人に映っていたと思います。ただ、途中から「ただ歩くだけじゃもったいないな」と思い始め、「どうせエネルギー使うなら」と、ただ歩くよりも、家事を積極的にするようにしました。家中の床を雑巾で拭いたり、トイレや風呂場の掃除をしたり、買い物をするときにはスーパーまで歩いて行ったり。とにかく小刻みに体を動かすことを意識するようにしました。

 今回のダイエットで意識したことは、とにかく「苦にならない範囲で」ということです。仮に毎日死ぬほどハードに運動したり、一切食事をとらないなんてことをしていたら、かえって挫折していたことでしょう。勉強もそうですが、「キツイ」ことをしたり、「キツイ」と思うまで続けたりするから、次からやる気が出なくなるのです。苦にならない自分のペースであれば、時間はかかっても確実にゴールに近づけます。あとは、欲張らないこと。体重が落ち始めると「もっと落としたい!」と思い、ついつい運動しすぎたり、極端に食事制限したりするようになってしまいます。そういうハードなことをしたにもかかわらず体重が落ちていないと、挫折感がハンパなく、ダイエットを続ける気力を失くしてしまいます。「あ、落ちた。ラッキー」ぐらいの気分でやっているのが一番良いです。勉強もそう。「次のテストで~番以内に入るぞ!」と思って頑張ったにもかかわらず、その目標を達成できなかったときの挫折感はハンパなく、かえって勉強のやる気を阻害してしまいます。やるべきことをやっていたら、いつの間にか成績が上がってた、というのが理想です。まあとにかく、今のペースを維持して、もう9kg落としていきたいと思います。

2018年2月27日 (火)

勉強する意味は教えられない

 「子供が家で全く勉強しない。ガツンとなんか言ってやってくれ(説教)。」もう何度も(家で全く勉強しない子供の)保護者の方々から聞いてきたセリフですが、正直なところ、この要求が一番困ります。子供に対し、勉強に集中するための具体的な方法のアドバイスならいくらでもできますが、それ以上のこと、つまり、私の説教によって子供を改心させ、子供を家で勉強させるようにしろというもの、そこまではできません。子供に「なぜ勉強しない?」と質問すると、正直な子供であれば「何で勉強しなきゃいけないの?」と答えるでしょう。仮に私が子供でも、そう答えるでしょう。勉強しないで困るのは子供本人ですから、子供本人がそれを受け入れれば済む話です(そして親は子供への学習支援を打ち切ればよいのです)。「勉強したくない」という子供に対して親が勉強させたいのであれば、それは親の欲なので、親自身が子供を説得せねばなりません。ただそれは、難しいでしょう。世の中にはやる気を出すための自己啓発本があふれていますが、定番がないのは、それはやる気は外からは生み出せないからです。「何のために勉強するの?」これは子供自身が答えを出すしかありません。少なくとも私は、子供に勉強する意味を教えることはできません。「今学んでいることは将来役に立つ」なんてことはありませんし、「学歴があれば将来就職に有利」という時代もとっくに終わっています。これからシンギュラリティを迎え、あらゆる価値観がますます多様化し相対化していく中で、一つの答えを導き出せるはずもありません。ただ、一つだけ確かなのは、勉強してとりあえず学力を高めておけば、将来の選択肢を増やせるということです。運動すればするほど体力がつくのと同じで、勉強すればするほど学力は上がります。学力が高ければ(ついでに体力もあれば)、何かを始めるときにスタートダッシュできますし、社会がどう変化しようとも、何とかそれに対応して生き延びていけるでしょう(漫画『キングダム』の言葉を借りれば、将に必要なのは「武・智・勇」、これらは永遠に変わらないでしょう。私個人としては、それらの上に、常識やモラルがあります)。結論として、私は「やっておいた方がいいと思うよ」としか言えません。それ以上のことは言えません。本人が必要性に疑問を感じていることを「必要だからやれ」と言うのは他者のエゴであり、それはもはや洗脳です。

 「何のために勉強するの?」その答えは、子供自身が見つけ出さねばなりません。なるべくたくさんの人の話を聞き、なるべくたくさんのことを体験して、子供自身が悩んで、悩んで、悩みぬいて答えを出すしかありません(ゲームやスマホばっかしていると、その悩む時間を奪われ、いつまでも堂々巡りをすることになります)。その答えが「勉強する必要なんてない」であれば、親はそれを尊重するしかありません。さっさと社会に出て、本人がそこで幸せならそれで十分ですし、本人が改めて勉強の必要性を認識し、再び勉強したくなったらすればいいのです。何かを始めるのに、遅すぎるということはありません

 繰り返しになりますが、私には子供に勉強する意味を教えられません。子供自身でしか解決できないことは、子供自身がするしかありません。子供が自分なりに悩み考え、「やっぱり勉強は必要だ」という答えにたどり着いたのであれば、その子供の負担を軽くしてあげることはできます。

2015年12月11日 (金)

自己紹介②

 最近のことですが、保護者の方から「先生、ブログと全然イメージ違いますよね!」と言われました。当ブログでの私の印象は、言いたいことをビシバシ言いまくる厳しい教師というイメージだったそうです。実際は、保護者の方々からはよく「柔らかい感じ」と言われます。基本的には生徒は褒めて伸ばし、正すべきところだけを簡潔に伝えるようにしています。生徒を叱るのは、親に暴言を吐いたり、悪態をついたり、嘘をついたときだけです。

 昔はよく、生徒に言いたいことを言っていましたが、全く効果はありませんでした。当時の私は「伝え方」というものを全く考えていませんでした。正論述べても子供からすれば「あっそう、だから何?」という感じです。これは子供が悪いのではありません。私自身、自分の学生時代を思い出しても、教師に説教されても内心「うるせーなおっさん、はよ終われや」と思っていました。自分の悪い所は、自分で認識して自分で直そうとしないと直りません。教える側は、その方向に上手く誘導していかないといけません。答えだけ伝えても「わかっとるわ!」となってしまいます。

 一般には学力を上げるには、まず高い目標を掲げ、そこに向かってひたすら努力する、というイメージがあるようですが、私はやや異なったイメージを持っています。どちらかというと、まずは少し頑張る、すると少しだけ成績が上がる、成績が上がってうれしいし楽しい、そしてもっと頑張る、そうするともっと成績が上がるというというイメージです。最初からの高すぎる目標はむしろ有害です。私は小学校時代はいたって普通の成績でした。成績表の◎なんて数えるほどしかありませんでした。中学校に上がるとすぐにテストがあると知らされ、「じゃあちょっと勉強してみるか」と思い勉強しました。そして勉強してみると、予想外のいい成績が取れました。そして急に周りの反応が変わりました。これで波に乗れました。一度でもいい成績がとれると、それを維持したいと思いました。「~高校に行きたい」なんてことは全く考えていませんでした。この頃は勉強が苦ではありませんでしたが、それはやればやるほど結果が出るから「楽しかった」のでしょう。しかし高校に入って周りが賢い子だらけになり、少し頑張っても結果が出せない状況になりました。こうなると全く「楽しくなくなり」ました。おそらく、進学校で落ちこぼれている人たちも同じ感覚ではないでしょうか?勉強が難しいからやる気が起きないのではなく、やっても結果は大して変わらないという無力感の方が大きいと思います。

 私としては、生徒が問題を解けると褒める、褒められるとうれしいから少しやる気が出て少し頑張る、頑張ると成績が上がる、そういう流れを理想としています。なるべく満足感を得られるよう、やるべきことを絞ってささやかでも結果を出せるように誘導していきたいと思います。時間はかかるかも知れませんが、まずは楽しさや充実感を生徒が知ってもらえればと思います。

2013年7月 7日 (日)

自己紹介

●自己紹介

 姫路市で家庭教師をしております。40代前半です。学歴は兵庫県立姫路西高等学校卒業、早稲田大学法学部卒業(現役1留)です。保有資格は普通自動車免許及び行政書士、検定はビジネス実務法務検定2級、法学検定アドバンスト及び英検準1級。大学1年より家庭教師をしております。大学卒業後は司法浪人をする傍ら家庭教師をしておりましたが、現在は家庭教師をメインに活動しております。小・中・高どの科目でも指導可能です。中学受験及び高校理系科目も対応したします。

 主な合格実績は、中学では早稲田1名、六甲学院1名、白陵7名、神戸海星1名など、高校では姫路西5名、早稲田本庄1名、白陵1名など、大学では大阪1名(法)、神戸2名(法1名、経営1名)、早稲田7名(実人数です。学部別では政経4名うち推薦1名、法2名、教育3名、商1名、文3名、理工2名)、慶応義塾3名(実人数です。学部別では法1名、総合政策2名、文1名)などです。

●基本方針

 基礎と基本を重視した授業を心がけております。基礎・基本とは、国語なら漢字 ・語句・文法や文章の書き方、数学なら教科書の内容、英語なら単語・熟語・文法 です。成績の悪い子供は基礎と基本が固まっていません。基礎と基本を固めるには復習が必要ですが、成績の悪い子供ほど理解できたこと自体に満足してしまい、復習をしていません。特に進学校の生徒の場合、応用問題を含んだ大量の宿題を一通りこなすだけで終了してしまい、復習に時間がかけられなくなった結果、基礎力も応用力も身につかないという悪循環に陥っています。復習をする時間を作るために、カリキュラムの個別最適化を行います。子供の現状を分析し、子供のやるべきことを絞った上で、それを徹底的に反復することで基礎と基本という土台を固めていきます。

 授業では視覚化・平易化・簡潔化を心がけております。子供が理解しやすいように、なるべく図や表を多用し、なるべく平易な言葉で簡潔に説明するようにしております。

 教材は基本的に教科書 と学校配布のワーク・プリントのみ使用します(学校配布の教材だけで十分なので)。やることを絞ったうえで、分からない箇所や間違えた問題を徹底的に反復していきます。あと、最近は文章力の強化に力を注いでおります。身近なものをテーマにして子供に文章を書いてもらい、それを添削することで基本的な文章の書き方を身に付けさせます。

 子供には授業までに、学校(や塾)からの宿題の範囲のうち自力で解けるところは解いてもらい、授業では子供の分からなかった問題を解説し、その問題(類題)を解かせて固めていくという流れとなります。家で全く勉強しない子供は指導対象外です。「頑張っているのに、なかなか結果が出せない」そういう子供の力になりたいと思っておりますし、そういう子供とだけ関わっていきたいと思っております。

●授業料、スケジュール、その他

 授業料は1時間あたり4000円となります。1回の授業につき2時間以上から承ります(授業時間とは別に、途中で休憩を入れていただいても結構です)。ご契約前に面談及び1時間の無料体験授業をいたします。体験授業の結果を子供とご相談されたうえ、ご契約いただくか否かお決めください。なお、夏休み・冬休み・春休み・入試直前期を除き、不定期の授業依頼はお引き受けできません(少なくとも週に1回、定時に2時間以上という形となります)。風邪などで授業をキャンセルされた場合は、別の日に振り替えとなります。なお、何度注意しても子供がズル(宿題の答えの丸写し行為など)をやめない場合や、悪態ばかりつく場合、わがままによるドタキャンを繰り返す場合は契約を解約させていただきますので、予めご了承ください。

 指導可能地域は基本的に姫路市内のみです。晴天時はご自宅まで自転車で伺いますが、雨天時は自動車で伺いますので駐車スペースが必要となります。交通費は基本的に頂いておりませんが、遠方の場合(豊富校区、灘校区、香寺校区など)はご相談させてください。

 姫路市外の場合、「授業料」+「移動にかかる時間を時給に換算した額」+「交通費」が1回分の料金になります。また、指導対象者はいわゆる難関の中・高・大学校の志望者のみになります。なお、拙宅での指導は行っておりません。

  ご契約に伴う時間外無料サービスとして、①小論文、読書感想文、卒業論文等の添削をいたします(作成は致しません)。また、②定期テストや模試の解説ノート及び復習プリントを作成いたします(テスト等が大量にある場合は、段階的にさせていただきます)。算数・数学は解説をルーズリーフに、国語は問題用紙に解き方のヒントを書き込みます。

 現在、授業が可能な時間帯は、月曜日の午後4時~7時の間、金曜日の午後4時~7時の間、土曜日の午後8時以降(曜日・時間応相談)になっております(お住まいの場所によって若干異なる場合がございます)。なお、夏休み・冬休み・春休み期間・入試直前期はスケジュールが変則的になりますので、短期間でもよろしければお申し込みください。

●無料体験授業に関して

 面談及び無料体験授業をご希望の方は、

 ①保護者の氏名・住所・電話番号、②子供の氏名・性別・学年、③子供の現状(例:「~塾で~クラス。~中を志望」「~中で~番台。~高を志望)、④指導希望日時(上記の「授業が可能な時間帯」をご参照ください)、⑤質問事項(なければ結構です)

 以上を明記の上、メール(slidercanon@nifty.com)して下さいますようお願い申し上げます(プライバシーは厳守いたします)。改めて面談候補日を提示いたします。面談の際は、これまでに受けたテストに関する資料(問題、解答、答案用紙、模試の場合は判定結果も)をできるだけ多くご用意ください。

 内容は1時間の授業と30分~1時間ほどの教育相談になります。体験授業の結果とお見せいただいた資料から子供の現状を分析し、現在の問題点や今後の勉強の方向性をアドバイスさせていただきます。なお、履歴書は持参いたしません(履歴は上述の通りです)。

 お問い合わせはメール(slidercanon@nifty.com)にてお願い申し上げます。なお、稀に送信元アドレスに返信しても受信拒否されるケースがございます。恐れ入りますが、迷惑メール受信拒否設定等にされている場合は、こちらのメールアドレス(slidercanon@nifty.com)からの送信が受信できますよう再設定お願い申し上げます。