高校受験

2018年2月11日 (日)

公民の概要

 中3の2学期以降、「公民、わけわからん…」と嘆く生徒が少なくありません。確かに公民はとっつきにくい科目です。そのとっつきにくさには原因があるのですが、それは一旦置いておいて、以下、中学の公民で学ぶ大まかな内容を簡潔に説明しております。時期的に「今さら」ですが、公民の基本からさっぱりわからないという人は、是非(以前書いた法律の記事の内容と重複しておりますので、こちらに統合しております)。

 原始時代、人々は狩りや採集をして過ごしていました。ところが人々はある時期から農耕を覚え、農作物を育てやすい川の近くに定住するようになりました。一人で作物を育てるのは効率が悪いので、人々は固まって作業を分担して、効率的に農作物を育てるようになりました。これが村の始まりです。効率的に作物がとれるようになると、村は豊かになり、人口も増えました。すると、その農作物を狙って盗みを働く者が出るようになりました。村は対抗策として、体力のある村の男たちに村の警護をさせるようになりました。これが警察の始まりです。ただ、警察官は警護をしている間は働けません。そこで警察官の収入を保障するため、村は村人みんなからお金を少しずつ集め、そのお金を警察官にあげるようにしました。これが税金の始まりです(他にも、道路や橋や学校をつくるためのなど、税金の目的はたくさんありますが、ここでは割愛)。警察の力によって盗みは減りましたが、今度は村の外から盗賊や他の村が、豊かな農作物を狙って村を襲ってくるようになりました。警察の力だけでは守り切れない村は、さらに若者の数を増やして村を守るようにしました。これが軍隊の始まりです。軍隊の力で村を守り、時には襲ってきた村に対して反撃もしました。こうして村同士が戦いを繰り返し、最終的に勝ち残った村が他の村をまとめ上げ、一つの国になりました。そして勝ち残った村の村長が国王となり、勝ち残った村の村人たちは貴族となりました。

 やっと戦が終わり、人々は幸福になるはずでした。ところが、国王や貴族はぜいたくを始めました。ぜいたくをするためにはお金が必要なので、国王は国民からたくさん税金を取るようになりました(財産権の侵害)。重い税金に対して国民が不満を述べると、国王は軍隊や警察を使ってその国民を捕らえ、刑務所に入れたり、時には処刑したりしました(表現の自由、生命・身体の自由の侵害)。そういうことが続き、ついに我慢の限界を超えた国民たちは、国王に対してクーデターを起こしました。国民たちは国王に対し、「たとえ国王といえども、ルールには従ってもらう」と要求しました。これが法律の始まりです。身の危険を感じた国王は、やむなくその要求に応じました。そしてそのルールは、国民の選挙によって選ばれた代表者たちが、話し合いで決めることになりました。これが国会の始まりです。法律によって、国民の権利は保障されるようになりました。

 ところが、ぜいたくをあきらめきれない国王と貴族たちは、今度は国会の代表者たちにたくさんのお金(わいろ)を贈り、そのお金を受け取った国会の代表者たちは、国王や貴族に都合の良いルールばかり作るようになりました。その結果、法律によって国民の権利が侵害されるようになりました。これに怒った国民たちは、たとえ法律によっても変えられないルールを作り、仮にそのルールに反する法律が作られた場合は、その法律は無効にするということにしました。このルールが憲法です。そして法律が憲法に反しているかどうかは、裁判所が判断することになりました。これが違憲審査制です。このように、国家権力を法(法律や憲法)によって制限するという考え方を「法の支配」といいます。

 「法の支配」によって、国は法(憲法や法律など)の範囲内でしか行動できなくなりました。国家権力を法によって制限することで国民の自由を保障し、国は主に国の治安維持(警察)と外敵からの国の防衛(軍隊)「だけ」を行うようになりました。こういう国家観を夜警国家といいます。法の支配によって国民の自由が保障されるようになった結果、国民は自由に発言し、自由な職業に就けるようになり、自由に経済活動を行えるようになりました。国民は自由になり、みんな幸せになるはずでした。ところが実際には、国民の貧富の差が拡大しました。頭のいい人は資本家として、頭のよくない労働者を安い賃金で長時間労働させ、その利益を独占しました。資本家も労働者も自分たちの自由な意思で契約を結んでいるので、労働者は文句を言えません。しかし労働者の不満は高まり、結局国に「なんとかしてくれ!」と泣きつく結果となりました。国は労働者たちの要望に応え、法律(労働基準法)で資本家と労働者との契約に介入するようになりました(「資本家は労働者を1日~時間以上働かせてはならない」「時給は最低~円以上にしてはならない」「資本家は、この法律に違反した場合は~円の罰金を支払う」など)。

 国が単に国民の安全と自由を守るだけではなく、国民の生活を安定させるために積極的に政策を行う、という国家観を福祉国家といいます。生活保護や国民健康保険や高齢者の医療費の自己負担額の制限など、すべて福祉に当たります。そして、国民が国に対して「なんとかしてくれ!」と要求する権利を社会権といいます。要するに、国民が国に対して「~するな!」と言えるのが自由権であり、「~してくれ!」と請求できるのが社会権です。自由権と社会権は表裏一体です。労働基準法で資本家と労働者との契約を制限するのは、労働者の社会権を保障する一方で、資本家と労働者との契約の自由を制限していることになります。生活に困っている人に生活保護を支給することは、生活に困っている人の社会権を保障している一方で、そのために必要なお金を国民から税金として集めているため、国民の財産権(経済的自由権の一つ)を制限していることになります。どこでバランスを取るべきかが、政治の命題です。

 以上が、中学の公民で学ぶ大まかな内容です。なぜ公民の教科書はとっつきにくいのか?それは、「国家権力は必ず暴走する」という歴史的事実をぼかしているためです。私は左翼では決してありませんが、「権力は常に疑うべし!」という視点は常に持っておかねばなりません(現在は権力は国家に限らず、大企業やマスコミなど、あらゆる権力を含みます)。国の本音は、政治には無関心で、ただ言われた通りに真面目に働いてたくさん税金を納めてくれる若者が欲しいのでしょう。権力は常に国民の権利を侵害する危険性をはらんでいます。国民と国家との対立構造という視点で公民を読み解いていけば、結構楽しめると思います。

2015年4月 3日 (金)

姫路西高等学校について 現在編

 ここ数年、西高の生徒を担当して思うことは、今の西高のカリキュラムは私達の頃より遥かにハードだということです。公立高校の入試問題は私達の頃より難しくなりましたし、内申点も重視されるため、副教科にも力を入れなければなくなりました。入学するだけでも大変になったのですが、入学してからが更に大変です。カリキュラムの速度が私達の頃とは比べ物にならないくらい速くなりました。相変わらず難易度は高いままでこの速度ですから、ついていけない生徒が出てくるのも当然です。世代が下になるにつれてどんどん愛校心が薄れていっている印象ですが、その原因はこのハードさと無縁ではないでしょう。もっとも、この体制で実績をあげているのも事実なので、これらかもこのハードさが緩まることはおそらくないでしょう。これから西高を目指す人はその辺りを覚悟しておかねばなりません。

 私達の頃と比べて良くなった点がいくつかあります。まず、小テスト類が増えたことです。私達の頃には英単語や古文単語の小テストなどはまったく行われませんでした。それだけ基礎を重視するようになったということでしょう。とても良いことだと思います。また、これはあくまで聞くかぎりですが、教師のパワハラ的発言がほとんどなくなったことです。私達の頃の教師たちは、おそらく悪気はなかったのでしょうが、意識が高すぎるせいか、生徒が質問に答えられないと結構ボロクソにけなしてきました。あと、校舎が非常にキレイになりました(私達からすれば非常に腹立たしいことですが)。私達の頃は「東高の校舎めっちゃキレイ、西高めっちゃボロい」だったのですが、今や完全に逆になってしまいました。

 色々と変わった部分もありますが、基本的な校風はほとんど変わっていない印象です。ただ、カリキュラムがハードになった分、生徒の学力層が二極化されています。現在西高を目指している中学生は、合格できるか心配でしょうが、むしろ合格してからの心配をした方がいいでしょう。入学してから下位層に入らないように、今のうちから勉強に対する耐性をつけておきましょう。

2013年7月23日 (火)

姫路西高等学校について

 私の母校である姫路西高等学校について。なぜか「西高に行っている」というだけで「すごい!」と言われる傾向にあるのですが(未だに「全員が全員、有名大学に行く!」というとんでもない誤解をしている人もいますが)、実際に「すごい!」のは一部の上位層だけです。入学時点ではみんな横一線で「すごかっ」たのでしょうが、カリキュラムが始まると学力差が天と地ほど開きます。その結果、有名大学に行けるのは上位2~3割、真ん中は滑り止めの関関同立行き、底辺になると姫路独協や姫工大(現:兵庫県立大学)行きとなります。当然この上位層にも浪人生が多数含まれています。西高に行っているということから勝手に変な期待をする人や好奇の目を向ける人がいますが、生徒にしてみれば結構迷惑ですよね。

 西高に受かるのは決して難しくはありません。西高は、真面目にやるべきことさえきちんとこなしておけば絶対に受かる学校です。独自の入試問題を出題してくる私立と異なり、西高の入試問題は兵庫県統一の簡単な問題です。西高受験生も別所受験生も受ける問題は同じです。塾に通っていないと解けないような問題ではありません。なので、教科書の内容をしっかりと理解し、学校の宿題をきちんとこなして復習をしっかりしていれば絶対に受かります。私立の問題のように「見たこともない問題」や「その場での発想力」が求められることは基本的にありません。なので、必要なのは難関私立のような「どれだけ難問を解いてきたか」ではなく、「どれだけサボらずに、やるべきことをこなしてきたか」です。

 逆に言えば、西高に入ってからみな苦労する羽目になります。問題の難易度が一気に上がり、これまでのぬるま湯のようなレベルに浸かりきっていい気になっていた生徒は一気に地獄に叩き落されます。私立中学は中学生のカリキュラムを2年で終わらせますが、公立中学校は3年かけて終わらせます。しかも、私立は高いレベルの問題を中1の段階から解かせていますが、公立では全国平均的な標準レベルの問題しか取り扱いません。なので、西高の生徒は入学時点で、私立の高校生たちよりもすでに1年遅れているうえ、難しい問題に全く慣れていないのです(どれくらい差があるか知りたい新入生は、灘や白陵の入試問題を解いてみるといいでしょう。もっとも、私立の高校生も「すごい!」のは上位層だけで、下位層は悲惨な状況です)。そのため西高は、私立に追いつくために、ハイレベルなカリキュラムをハイペースで進めていきます。そしてカリキュラムについてこれない生徒は問答無用で置いていかれます。

 西高には姫路市内の各公立中学校のトップ10の生徒たちが集まってきます。みんな口にこそ出しませんが、おそらく「俺(私)って、天才!」と思っていたことでしょう。私もたいがいのぼせあがっておりました。そういう人達が最初の中間テストで厳しい現実を突き付けられ、あまりのショックに自信を喪失し、勉強する意欲を喪失してしまいます。かくいう私もその一人で、中学時代は常にトップ10入りで1位を取ったことも何度もありましたが、西高の最初の中間テストの順位は400人中240番台、期末テストに至っては280番台という酷い有様で、「俺ってこんなもんやったんや・・・」というショックに打ちひしげられました。このまま卒業までズルズル行ってしまう人もいれば、途中で「このままじゃ終われねえ!」と奮起する人もいます。

 西高の授業は基本的に予習先行型です。先に生徒達に教科書を読ませて問題を解かせておいて、授業でその答え合わせと解説をするという形式となります。なので、授業では基本はまったくと言ってよいほど教えてくれません。「君たちは今から(上位の)私立に追いつかなきゃいけないから、授業ではどんどん高レベルなことをやっていくからね。基本的なことは自分で教科書を読んでやっておいてよね。君たち、うちの学校に受かる学力があるんだから、それぐらいできるよね?」という感じです。私を含め、大多数の生徒はこの予習先行スタイルにはまったく合わなかったのではないでしょうか?私達のほとんどは中学時代、中学校や塾で基本を説明してもらい、基礎と基本をしっかり固めたうえで、応用的な部分を自力で解いていったからです。西高に入ると、今までの勉強スタイルの矯正を余儀なくされます。自分で教科書を読んで基本を固めていく、中学時代からそういうスタイルに慣れている生徒が上位になっていました。現在でも、塾にも行かず学校の宿題と教科書の読み込みしかやっていないのに、いつも1位になっている中学生がいることでしょう。そういう人たちが西高でも上位を独占していました。

 西高の授業のレベルはかなり高いです。レベルが高いというのは、教師の教え方が上手いという意味ではなく、「教師の言ってることが難しい」という意味です。西高は「売り」が数学だけあって、数学は分かりやすかったです。予習・復習を全くしなかった私ですら、数学の授業だけはよく理解できました。対して、個人的にとりわけ苦労したのが現代文と理科(化学、生物)でした。基本的に西高の理科教師は授業中に専門用語をぺらぺら羅列するばかりなので、何を言っているのかさっぱり分かりませんでした。私が1年生のころですが、化学の教育実習生の授業のほうが化学教師より分かりやすいと評判になり、その噂を授業中に聞いた化学教師が「(私の)授業が分からんのはお前らが馬鹿やからや!」とブチギレたのは有名な話です。そして現代文、おそらく西高の生徒の大多数が現代文で苦労したのではないでしょうか?なぜなら、公立中学の国語の問題は基本的に「文章から抜き出せ」ば解けるものばかりなので、私たちは文章を作る訓練を全くしないまま高校に上がるのですが、高校の現代文の問題は単純な「抜き出し」だけでは正解できない、文章作成能力がないと解けないものばかり出題されます。そして、現代文教師は「生徒に文章作成能力がある」という前提で授業を進めます。なので、授業中に質問に答えられないと「何が分からへんねん…(ふー)」と憐れむような目でため息をつかれたり、「お前、ほんまに分からへんの?これが?ほんまに?」などとネチネチ言われたり、「何が分からへんねん!ボケ!!カス!!」と罵られたりしました。授業の必要性を全く感じなかったのが英語です。英語の授業では、文法を解説してもらったという記憶が全くありません。授業終わりに「予習して来いよー」と宿題を出され、次回の授業で「よし、答え合わせするぞー」といって答え合わせと解説をする、ただその繰り返し。正直、「自分で答え合わせした方が早くね?」という感じでした。

 授業に関しては不満点ばかりですが、良い所もありました。それは、西高は有名大学に合格するために必要な勉強の方向性をきちんと示してくれたことです。入学時に学年主任から言われたのは、「カリキュラムについて来れれば、阪大以上は保証する」とのこと、それは間違いなかったと思います(その「ついていく」のが大変なのですが)。もっとも、西高には昔から「国公立一神教」という妙な宗教があり、私のような私立文系は異端者として迫害されます。早慶狙いの人は、ほぼ自力で頑張らねばなりません。また、先輩後輩含めて、西高の生徒達はみないい奴ばかりでした。中学時代の同級生たちと比べて思ったのは、やはりそれなりに育ちがいいのか、「みんな大人だなあ」ということでした。中学時代に同じように勉強して結果を出してきたという境遇だけに、気が合うのはある意味当然かもしれません。また、部活動は、どの部も割とハードにやっていました。私立では運動時間が少なすぎる学校が非常に多く、それが原因でストレスを抱え込む生徒が非常に多いのですが、西高ではその心配はあまりありません。ここは非常に良いところだと思います。

 今思い返してみても、授業に関しては不満が多いです。自分が教える立場になってより強く思うことは、「もっと基本をしっかり教えて欲しかった」ということです。もっとも、「じゃあ行かない方が良かったのか?」と問われれば、そんなことはありません。西高に行って一番良かったことは、「お前の実力なんてこんなもんだ」とはっきり認識させてくれたことです。そこを乗り越えられるかは、本人の器次第です。教師の意識が非常に高いので、本気の人にはきちんと応えてくれる学校であることは間違いないです(現在の西高についてはこちらに)。カリキュラムついていくのが大変ですが、挑戦してみる価値はあります。